吉岡英尋は結婚してる!?だしを使わない和食って!?世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団に出演

和食料理人の吉岡英尋さんが

【世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団】

に登場です。

なので今回 吉岡英尋さんは結婚しているのか、

料理人としてはどうなのかが気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

吉岡英尋さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/ebinasu

名前 吉岡 英尋(よしおか ひでひろ)

生年月日 1971年2月6日

出身 東京都

新宿調理師専門学校へ進学すると

「オステリア・ルッカ」のオーナーシェフ

桝谷周一郎さんと出会います。

桝谷さんとは、調理実習で一緒のグループ。

野球部にも一緒に入り卒業制作も、

共同で行ったそうです。

卒業後は東伊豆「つるやホテル」,

鎌倉の懐石料理「山椒洞」,日本料理「蝦夷御殿」,

ふぐ料理「山田屋」など,有名店にて修業を積みます。

永田町「瓢亭」では首相官邸出前料理番を任され、

2000年に独立し、「なすび亭」を開店します。

桝谷さんが後に、吉岡さんのピンチを

救うことになるのですが、

たまたま同じ専門学校へ行き

友人とならなければ、

吉岡さんは桝谷さんに相談することも無く、

桝谷さんも吉岡さんに提案することもなかった訳です。

友情って良いものですね!!

信頼関係が素敵ですね。

吉岡英尋さんは結婚しているの?

吉岡さんのTwitterにはこんなことが、

書いてありました。

嫁に買ってきてと頼んだら恥ずかしいと

予想以上に抵抗されたの

でしょうがなく自分で買った。

確かにちょっと恥ずかしかった。

奥様はいらっしゃいましたね!

キャラクター的に、独身かと思っていました!!

失礼しました…m(_ _)m

さらに、こんな記事も…

2000年に恵比寿に店を構えた。

「夫婦2人でやっていたから、なんとかなった、というのが正直なところです」。
当時のコースは、3800円。のれんを潜りやすい価格帯である。
この価格帯はある意味功を奏し、ある意味、なかなか浮上できない原因もつくった。「ようやく、一息つけるようになったのは3ヵ月目ぐらいです。雑誌の取材も受けるようになりました。しかし、思ったほど売上が上がりませんでした。何しろ、3800円ですから」。
そんな時に、子どもを授かった。貴重な働き手である奥様が店に出られなくなる。かわりのスタッフの人件費を払うためにランチをはじめた。

引用:https://in-shoku.info

2000年にはお子さんを授かったのですね。

もう高校生ですか!

そんなに大きなお子さんがいるようには

見えませんね。びっくりです!!

スポンサードリンク

吉岡英尋さんの料理

著書に「なすび亭・吉岡英尋のだしを使わないおいしい和食」がありますが、

出汁を使わずに、おいしい和食ができるの~!

出来るそうですよ!!

  • うまみの強い食材を使う
  • しっかり焼きつけて風味を加える
  • 調味料の割合を守る
  • 素材のうまみをしっかり引き出す

これらを踏まえたレシピが多数掲載されていてます。

吉岡さんが言うには、

一度作れば「和食って簡単!」

きっとそう思ってもらえるはずです。

ものすごく興味をそそられました!

これはこの本を購入しなければ!!

しかして、新品がありません…

再販はしないものでしょうかね…

仕方ありません(>_<)

吉岡さんのレシピが掲載されている

オレンジページを購入するとしましょう!

私も「和食って簡単!」と言いたいです!

そんな吉岡英尋さん【世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団に出演】

世界31ヵ国。

日本在住の外国人料理関係者70人が厳選です!

ぜひこの時期に食べておきたい

『世界の料理人が驚いた!日本の旬野菜

ベスト10~春編~』

「風味の良さ」「甘み」「苦味」・・・

数多くある旬野菜の中で、

海外の料理人が特に「これは美味しい!」と感じた

春の旬野菜ベスト10をランキング形式で発表します!

そして旬の美味しさを支える農家の工夫や

努力を海外の料理人が視察!します。プ

ロも驚くこだわりとは!?

そして日本人の吉岡英尋さんが

旬野菜を自宅でもっと美味しく食べる方法を

伝授してくれます!

今ならまだ間に合う!?

3月から5月にかけて美味しい春の旬野菜を

一気に総ざらいします!

まとめ

今回吉岡英尋さんについて気になり、まとめてみました。

「敷居の高い日本料理をもっと気軽に楽しんでもらいたい」

「料理で社会貢献ができる人物になりたい」

高い志を持っているのですね!

ますます注目です。

今後も美味しい料理を期待しています!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする