wasaraは陶器に見えるのに紙皿紙コップ!?おしゃれすぎる使い捨て!【ぶらり途中下車の旅】

こんにちはtomoです。

ぶらり途中下車の旅を観ていたら、
おしゃれな陶器のようなのに、

紙で出来ているwasaraという商品が
紹介されていました。

どうみても陶器ににしか見えない
紙でできたお皿やコップたちが気になったので、

値段やお取り寄せができるのか、
なぜこのような商品が生まれたのか
気になったので、調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

wasaraのこと

wasaraは日本の精神、技巧、
美意識が込められてできた、
日本ならではの感性から生まれました。

「使い捨て」の紙コップや紙皿は、
私たちの生活に根付いていますが、

それを見た目が美しく、
なおかつ使いやすい機能をもっている物は、
想像つかないですよね。

使い捨てですからね。
”美しい”とか”楽しい”って別にいいかな!?
って思っていました。

でもでも、wasaraを見たら、衝撃です!

ピクニックや運動会、
花見のイメージだったんですが、

wasaraはおしゃれなパーティに
良く似合う物ですよね。

これなら、食器の後片付けもなく、
おしゃれな料理も映えて、

落としても割れないので、
ストレスフリーですよね。

しかもwasaraは環境にも配慮した
エコ商品なんです!

なんでも木材ではなくて、
バガスという砂糖の原料に使われている
”さとうきび”の搾りかすを
使っているんだそうです。

そのバガスに竹をブレンドして作った、
いずれは土に還る素材で出来ているそうなんです。

この廃棄するしかなかったバガスが、
生まれ変わることができていることが、
地球の環境にやさしいですよね。

世界が変わるほどの発見じゃないですか!

wasaraは良いことだらけなんですが、
商品を作るのは大変なようです。

通常の紙コップは、強度を保つために、
口をつける部分が丸く巻かれていますよね。

それがあると口あたりを損なってしまうし、
美しさも変わってきますよね。

なので、プレス機で成形した後に、
その日の気温や湿度、
パルプの状態を見ながら

手作業で一つ一つを裁断するという
手間のかかった商品なんです。

こんなに手間暇がかかっているということは、
お値段にも反映されて仕方ないですかね。

気になるのはやはり、お値段ですよね。

スポンサードリンク

wasaraお取り寄せ通販や値段

ホームページや楽天市場で
販売されていました!

角皿・丸皿(小)12枚入りが583円(税込)、
同じものの200枚入りが7,776円(税込)

コーヒーカップ・タンブラー・ワインカップ
6個入648円(税込)、

同じものの50個入りが4,320円(税込)

他にも、中皿、大皿、ボウルなど
様々な形があります。

また、パーティーセットは
皿やタンブラー、カラトリーなどのセットで
3,285円になっています。

こちらは各6枚入りです。

やはり、ちょっと高いですが、
デザインも素敵なので、
いたしかたないですよね!

まとめ

今回wasaraが気になり、
まとめてみました。

おしゃれなだけじゃなく、
環境にもやさしいのは、

使い捨て商品なので、
とても良いですよね!

でも、使い捨てっていうのが、
もったいなく思える商品なんですよね!

葛藤してしまいます…。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする