茶の実油(オイル)って!?値段や効能は?岐阜のマチュピチュ天空の茶畑の場所はどこ?【人生の楽園】

岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑」が

【人生の楽園】に登場します。

なので、岐阜県のどこにある場所なのか、

そこで作られているお茶の実油がきになったので、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑の場所

出典:山田泰珠Facebook

岐阜県揖斐川町(いびがわちょう)

旧春日村上ヶ流(かみがれ)地区にあります。

標高300mほどの山の中腹から山頂にかけて、

一面に広がる茶畑があります。

この日本とは思えない場所を見るための

遊歩道があるそうなんです。

それが「春日上ヶ流 天空の遊歩道」です。

住所 岐阜県揖斐郡揖斐川町春日六合

駐車場は15台ほどあるそうですが、

3㎞ほど手前から道路は1車線になり、

高低差もあるので、

十分に注意をしてくださいとのことです。

また冬季は凍結するので、

冬タイヤを用意してください。

駐車場から絶景ポイントまで、

徒歩約20分で、遊歩道とはいえ、

一部登山道のような部分もあるため、

運動靴やトレッキングシューズが良いようです。

公共の交通機関を利用する場合には、

JR大垣駅より養老鉄道養老線 揖斐駅行きに乗車(およそ25分)

→養老鉄道揖斐駅発[春日線]宮ノ下バス停下車(およそ20分)

→バス停から駐車場までおよそ2㎞ 徒歩1時間

ハイキングコースだと思えば、良いですかね。

絶景を見るためなので、がんばって歩きましょう!

スポンサードリンク

お茶の実油のこと

出典:春日乃売茶翁Facebook

お茶の葉ではなく、お茶の実です。

初めて見ました!

ちなみに画像の花は、お茶の花です。

こちらも初めて見ました!

この実からオイルがとれるんですね。

調べてみると、お茶の実オイルの効果が凄いんです。

お茶の実油は健康増進に役立つ、

多くの特性を持っています。

エモリエント効果 すぐれた保湿性
抗酸化作用 緑茶同様の高い抗酸化力
抗加齢 フリーラジカルによる損傷から皮膚を守る
瘢痕形成作用 皮膚の傷の修復
収れん作用 傷の修復
抗炎症作用 皮膚の炎症を抑える
神経保護作用 神経の損傷を減らす
血糖上昇抑制作用 糖尿病予防
突然変異抑制作用 抗ガン
脂質減少 LDLコレステロールやトリグリセリドを低減
抗アレルギー作用 免疫機能の改善・増強
抗菌 高い抗ウィルス・抗真菌性
殺虫作用 農作物の虫害対策

そんなスゴイお茶の実オイルやお茶は

春日乃売茶翁で販売しています。

気になるお値段ですが、

注文してから搾油する「純生しぼり茶の実油(特鮮)120ml」が

10,000円(内税)です。

他の商品もありますので、春日乃売茶翁を覗いてみてください。

スポンサードリンク

今回の【人生の楽園】主人公

お茶の産地として知られる岐阜県揖斐川町が舞台です。

両親の故郷であるこの町に移住し、

お茶の実で町を元気にしたいと頑張っている

山田泰珠(たいじゅ)さん(61歳)が主人公です。

名古屋市出身で東京でサラリーマンをしていた泰珠さん。

転職や離婚を経験した泰珠さんに転機が訪れたのは52歳の時。

リーマンショックの影響でリストラされ会社を退職します。

それをきっかけに、母・珠恵(たまえ)さんが暮らす

名古屋の実家に戻った泰珠さんは

“人生をリセットしたい”と

両親の故郷・岐阜県揖斐川町を訪ねます。

そこで父母の足跡を辿りながら

第二の人生を模索するため、

何度となく揖斐川町に通っているうちに、

お茶栽培農家さんと知り合い、

お茶畑の仕事を手伝うようになります。

その後、自らも耕作が放棄されたお茶畑を借り、

世話を始めました。

その時に目にしたのが「茶の実」です。

調べてみると茶の実は油が搾れ、

食用や化粧品の原料として

使われていることが分かりました。

泰珠さんは「茶の実はこの地域の埋もれた資源。

茶の実に第二の人生をかけてみよう」と考え、

名古屋から通いながら茶畑の世話を始めました。

それから4年が経ち、様々な環境が整った今年2月、

母・珠恵さんと共に揖斐川町へ移住し、

本格的に茶の実栽培をスタートさせました。

両親の故郷で茶の実の栽培を始めた泰珠さんと

母・珠恵さんの暮らしぶり。

そして2人を温かく迎え入れ、

支えてくれる地域の皆さんとの交流の様子を紹介します。

まとめ

今回「岐阜のマチュピチュ・天空の茶畑」が気になり、

まとめてみました。

天空の茶畑での作業は大変なんでしょうね。

それにしても美しいです!

日本には、素敵なところがありますね。

是非行ってみたいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする