富田京一はヘンな生き物と暮らす恐竜研究家で著書は!?【マツコの知らない世界】に出演

恐竜研究家の富田京一さんが

【マツコの知らない世界】に登場します。

なので富田京一さんが気になったので、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

富田京一さんのこと

出典:TBS

名前 富田 京一

生年月日 1966年8月29日

出身 福島県

学歴 帝京大学卒業

富田さんが生き物に興味をもったのは、

幼い頃テレビで見た特撮ヒーロー物の

怪獣からなんだそうです。

その後、親戚から貰ったカメを飼い始めたのを

最初に、様々な動物を飼育します。

大学入学後、動物園や研究所などに

出入りしていた80年代後半、

動物に関する執筆を始め、

雑誌『小学一年生』で

「ドクター・トミー」としてデビューします。

テレビ『どうぶつ奇想天外』に出演していた

動物学者の故・千石正一先生に従事したことで、

生き物展や恐竜博覧会の監修など、

仕事としても本当にヘンな動物たちとの

関わりを深めていったそうです。

2002年に「肉食爬虫類研究所」を立ち上げるとともに、

幕張メッセで開催された

「世界最大の恐竜博2002」に参加。

それ以後、多くの恐竜博に協力し続けています。

現在では、テレビやラジオ、

恐竜博や恐竜に関する映画や本の監修、

さらに恐竜に関する書籍をたくさん出版しています。

富田さんは、爬虫類研究家、

日本生態学会自然保護委員会・西表アフターケア委員です。

八重山諸島のヘビ類調査やCGを用いた古生物の復元や

おもしろ動物実験を取り入れた

理科教育に力を入れています。

小学生のころから古代生物に親しめると、

歴史や動物に興味も持てるし、

良いですね!

富田京一さんの著書など

富田京一さんの著書は多数あり、

『スーパーカード図鑑わくわく!恐竜大研究』

『大昔のヘンな生きもの超百科 』

『恐竜レスキュー ジュラKIDS! 上下巻セット』

『恐竜は今も生きている』

『このホネなあに? 3D動物ふしぎ図鑑』

『超リアルCG再現 恐竜』

他に面白いところで、

『動物戦隊ジュウオウジャー 最強アニマルずかん』

を監修しています。

もちろん、まだまだたくさんの著書があるんですが、

とりあえず、割と新しい書籍を紹介しています。

また、ドラえもんの映画にも携わっています。

2006年『ドラえもん のび太の恐竜2006』

2012年『ドラえもん のび太と奇跡の島』

2016年『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』

富田さんのおかげで、

ドラえもん映画が成立しているんですね。

どの映画も恐竜や絶滅動物が出てきていますよね。

何気に凄い人なんですね!

スポンサードリンク

富田京一さん【マツコの知らない世界】に出演!

本当はかわいい変な生き物の世界

今、ヘンな生き物が空前の大ブームなんだそうです!

教えてくれるのは、100匹以上の

ヘンな生き物と暮らす恐竜研究家の

富田京一さんです。

へんな生き物」を扱った本はベストセラーとなり

日本各地で特別展が開催されるほどなんだとか!

そんな本当にヘンな生き物たちの魅力を

富田さんは、49年間ヘンな生き物を愛し続けています。

ぬいぐるみのような珍獣、

猫のように鳴く両生類、

世界一ゴージャスな鳥…など

果たして富田さんは、マツコに生き物たちの魅力を

伝えることが出来るのか?

「爬虫類系などの動物は得意ではない」

と語るマツコは、はじまる前から及び腰です。

富田さんが選りすぐった

本当にヘンな生き物たちをマツコにプレゼンします。

愛らしい表情とユーモラスな動きを見せるカエルに、

マツコの反応はいかに!?

意外と可愛いヘンな生き物たちの登場に、

爬虫類系が苦手と語るマツコも大興奮!

ついにマツコを虜にする生き物が!

どんな生き物がマツコを虜にしたのでしょう!?

楽しみです~!

まとめ

今回富田京一さんが気になり、まとめてみました。

ドラえもんの映画は子供と一緒にいつも観ているので、

なんだか親しみが持てました。

どんなヘンな生き物が登場するか、楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする