泊 伸一郎がガイアの夜明けに出演!なぜパン工房豆の木を熊本に!?

福岡市から熊本県阿蘇市にパン工房を移転した

泊 伸一郎さんがガイアの夜明けに出演です!

なので今回パン工房豆の木をなぜ移転したのか、

1年前の熊本地震はどうだったのか

などが気になって、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

泊 伸一郎さんのこと

出典:http://aso-zen.com/

名前 泊 伸一郎

お店 パン工房 豆の木

出身 福岡県

パン作り一筋20年 博多駅近くで店を構えていました

20代前半からパンの世界に入り、「海外に行こうと思っていました。そのときにパンの技術が役立つかと」

ずっと拠点は福岡でしたが、両親を相次いで病で亡くしてから、

健康のことを強く意識し始め、阿蘇に住もうと決めたそうです。

福岡でも多くのお客様に可愛がってもらいましたが、パン作りの環境には空気も水もおいしい場所がいい。子どもも、自然豊かな場所で育てたいとずっと思っていました

良質な材料を使って手間隙をおしまず、食べてホッとするようなパン作りを目指しています。

自分の目指すパン造りを求めて阿蘇へ移住。自分自身も心豊かにのんびりとしながら、無添加で安心して、しかも『おいしい』と喜んで頂けるパン造りを続けて行きます。

私たちが安心して食べることができるよう、

素材を吟味してパン作りをしている様子が伺えますね。

泊さんの人柄が出ていますね。

泊さんの理念には共感ができます。

しかしながら、理想だけではなかなか実現しないものですが、

泊さんは夢を実現したのですね。凄いです!

熊本県外にも根強いファンをもっている 泊さんは、奇をてらう作り方はなにひとつしません。
創業以来ずっと守っているのは「手を抜かないこと」と「パンらしいパンを作ること」です。
最も当たり前の事ですがその「当たり前」の質を究めているそうです。

パン工房豆の木のこと

場所 熊本県阿蘇市黒川1447

   国道57号線から200mほど入った場所にあります

電話 0967-34-0031

営業時間 10:00~18:00

お休み 水・木・日曜

駐車場 3台

豊かな自然がいっぱいの阿蘇の大地で育まれた素材を吟味し、

おいしさと安心・安全を追求したパン屋さんが「パン工房豆の木」です。

阿蘇の自然の恵みを生かした特産品として

阿蘇市が認定する「然」というブランドのお店です。

パン作りには欠かせない水ですが、

門前町の湧水を使用しているようです。

店内は焼きたてパンが並び そのすぐ奥には、

パンづくり作業の一部始終を眺められます。

常時17〜18種類のパンに加え、

クッキーやケーキなどが並びます。

 パンの種類によって天然酵母とイーストを使い分け、
小麦の種類を変えて焼き上げているそうです。
人気は、リンゴの半分をまるまる入れた、
ボリュームのあるアップルパイをはじめ、
地元の方手作りのベーコンとチーズのフランスパン、
阿蘇でとれた「平飼い鶏」の濃厚な有精卵と、
「阿蘇のジャージー牛乳」を使ったフレンチトーストなどです。

店名の「豆の木」は長男が幼いとき、大の豆好きだったから。
「ジャックと豆の木みたいに天まで伸びろ、という願いもありました」

パン工房「豆の木」のパンは、

すぐ近くにある「道の駅 阿蘇」でも販売されています。

また店舗定休日の木曜日と日曜日も

「道の駅阿蘇」にはパンが並べられるそうなので、

お店がお休みでも「道の駅阿蘇」でなら購入が可能です!

スポンサードリンク

熊本地震のこと

停電と断水の影響で1週間休業をし、

ようやく再開に漕ぎ着けることができました。

地震の直後から観光客が激減し、

売上は4分の1まで落ち込んでいました。

泊さんによりますと

全然売れないです。道の駅も本当に売れない。作る量があまりなくて大変。

失業と一緒ですね。だけど僕だけではないので、頑張って、みんなで励まし合いながらやるしかない。逃げ出すわけにはいかないので。

泊さんのお店は、停電と断水の影響での休業ですので、

損壊など大きな被害は免れたのでしょうか!

泊さんは6人家族です。

家の倒壊が心配なため、庭先にテントを張って寝泊まりしていました。

大きな地震の時は、建物の倒壊を心配して家には入らない方が良いですよね。

賢明な判断です!

建物のダメージより、本人や家族のメンタル的なダメージが大きいですね!

体験していない私からは想像もできない恐怖だったと思います。

みなさんの心の復興も切に願っています!!

そんな泊 伸一郎さん ガイアの夜明けに出演

地震から1年。熊本復活の秘策とは?

復興…その先を見据え奮闘する熊本の人々を追います。

泊 伸一郎さんの人気店の絶品パンを 驚きの商品に変えるアイデアとはいかに?

まとめ

今回 泊伸一郎さんについて、気になりまとめてみました。

今後もますます活躍してくれそうですね!

私も阿蘇へ行った時には、是非ともお邪魔して泊さんの焼きたてパンを食べてみたいです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする