銀行員(徳島市)が監禁暴行強盗被害にあうも未成年者に性的暴行を加えてた!?どこの行員?詳細は?【事件】

こんにちは tomoです。

驚きの事件です!

2019年3月1日に
“会社員が監禁暴行強盗被害”にあった
事件の被害者が、実は、

未成年者に性的暴行を加えた
加害者だということが分かったんです。

加害者だった男は、銀行員ということで、
どこの行員なのか、事件の詳細
気になったので、調べてみました。

事件の詳細

●3月1日午前0時頃

会社員男性(23)が、
両国橋の雑居ビル近くの路上を
1人で歩いていたところ、

4、5人組の男に雑居ビル地下の
飲食店に連れ込まれ、ドアの鍵を掛けられた。

会社員男性は、顔などに殴る蹴るの
暴行を受け、

現金約1万4500円入りの財布や
スマートフォン(計時価2万4千円相当)を
奪われたという。

●3月1日午前7時20分頃

男らが「そろそろ帰るか」と
ドアを開けた隙に男性は逃げ出し、

約250メートル北の
徳島中央署両国橋交番に
「暴行を受けて財布を奪われた」と駆け込んだ。

その後、警察官が飲食店に向かったが、
店は施錠されており、
男らはいなくなっていた。

被害にあった時男性会社員は、
友人と飲酒した後で、
かなり酔った状態だったという。

逃げた4、5人組はいずれも
20代ぐらいとみられ、男性と面識はない。

男性は頭や顔などに打撲の軽傷を負った。

●3月8日午後1時40分ごろ

バー店長(21)・無職の男(25)・
自称飲食店経営の男(22)・
自称自営業の男(21)の4人が署に出頭。

捜査線上に浮上していた容疑者の情報とも
一致したため逮捕した。

逮捕容疑は「1日午前4時40分ごろから
同7時15分ごろまでの間、店内に男性を監禁。

暴行を加えて全身に10日間のけがを負わせ、
現金約1万4500円入りの財布や
スマートフォンを奪った」としている。

署によると、4容疑者は知人同士で、
男性との面識はない。

飲酒後に帰宅途中だった男性と
何らかのトラブルがあり、
バーに連れ込んだとみられている。

4人は「持っとるもん出せ」「殺したる」
などと脅しながら、
男性の顔や腰を殴ったり蹴ったりした。

●3月10日

10代女性に性的暴行を加えて
けがを負わせたとして、

徳島県警捜査1課と徳島中央署は、
強制性交致傷とわいせつ略取の疑いで

徳島市に住む行員の男(23)を逮捕した。

行員の男は1日に徳島市両国橋の
バーで起きた強盗・監禁事件の被害者。

県警は行員の男に暴行し、
現金を奪ったなどとして別の男4人を
逮捕しており、関連を調べている。

8日の逮捕から日にちも経たないで、
銀行員の逮捕なので、これは、

銀行員に暴行した4人が、
銀行員のしたことを
話したんじゃないですかね。

この辺は、今後わかると思います。

加害者だった行員はどこの行員?

当初被害者だった会社員は、
実は加害者でもありましたね。

被害に遭ったのは、もしかして、
女性にひどいことをした
仕返しだったかもしれませんね。

暴行事件があかるみにならなかったら、
未成年女性への性的暴行が
明るみにならなかったかもしれませんね。

そうなると、平気な顔をして、
銀行員として過ごしていたんでしょうか。

考えると、恐いことですね。

みなさんもどこの銀行員なのか、
気になりませんでしたか?

調べてみると、阿波銀行の行員で
23歳なんだそうです。

性的暴行をした犯人なんですが、
名前の公表はされていないんですね。

なぜなんでしょう?

性犯罪は、再犯のおそれが高いですよね。

きちんと、再犯を起こさないように
矯正をしてから、
地域にもどってほしいものです。

まとめ

今回、徳島で起きた事件が
気になったので、まとめてみました。

銀行員といえば、エリートとか
高収入のイメージを持っているんですが、

10代の未成年女性に
性的暴行を加えるなんて、ひどすぎます。

性的暴行は、心と体の両方を傷つけられます。

どうか、こんなことが無くなることを願います。

被害者女性の心が早く癒えるように、
せめて犯人には、
別の場所で暮らしてほしいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。