秩父カエデ糖の国産メープルシロップのお菓子や通販は?おススメのお店はどこ?




こんにちは tomoです。

2019年3月30日放送の

【ごはんジャパン】は、

埼玉県秩父産のメープルシロップ

登場します。

国産のメープルシロップって、

あるんですね。知りませんでした!

なので、秩父産のメープルシロップ

メープルシロップを使ったお菓子のお店

お取り寄せ通販

おススメのレストランなどが

気になったので、調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

秩父カエデ糖って?

メープルシロップといえば、

サトウカエデから採れる

カナダ産のメープルシロップが

思い出されますよね。

埼玉県秩父市では、なんと森林が

市の87%を占めているんです。

その森林には、日本全国に分布する

カエデの全種類が自生しているそうなんです。

カエデの木にとっては、秩父の夏の猛暑、

厳しい寒さの内陸型気候が

好む条件なんです。

「森を育てて、お菓子を創る」

ことができたなら、

秩父だけのオリジナル商品になると

メープルシロップの採取を目指して、

プロジェクトがスタートしたんです。

今では、秩父カエデ糖を使ったお菓子が、

モンドセレクションで金賞を

受賞しています。

秩父カエデ糖の作り方

1月~3月の早朝に、

カエデの成木に穴を開けて

管を差し込むと

透明な液が流れ出てきます。

採れた樹液を煮詰めます。

およそ40分の1になったら

秩父カエデ糖の出来上がりなんです!

秩父カエデ糖の栄養

カナダでは、2種類のカエデから

メープルシロップは

つくられているんですが、

秩父カエデ糖は、

20種類ほどのカエデの木から

採取されています。

20種類ものカエデの木から

採取されているからなんでしょうか、

秩父カエデ糖は、ミネラル分が豊富で、

カロリーも一般的な砂糖より少なく、

ヘルシーなんです。

ミネラルは特にカルシウム2倍

カリウム3倍

カナダ産のメープルシロップに比べて

多く含まれているんです!

さらに、ポリフェノールがたっぷりで、

抗酸化作用があるので、

アンチエイジングや動脈硬化の予防

などが期待できるんです!

良いことばかりの秩父カエデ糖ですね。

スポンサードリンク

第3のみつって?

秩父の森のカエデの木の樹液を

ミツバチに与えてみると、

おいしいハチミツが採れることが

分かったんです。

花からではなく、

樹液や果実・野菜ジュースから

採れるハチミツを「第3のみつ」と

名付けています。

秩父カエデ糖と同じように、

第3のみつ

秩父の地域活性に

ひと役買っているんです。

カエデ糖を使ったお菓子や通販は?

相生町 水戸屋
「秩父カエデ糖たると」

水戸屋本店
「カエデの樹」

栗助
「すのうぼうる」

栄誠堂
「カエデ山の玉手箱」

秩父中村屋
「ちちぶの恵み」
「ちちぶまゆ」

江原本店
「楓のおくりもの」

秩父のカエデの木は、茶葉もお菓子に

なっているんですね。

「かえでのラムネ」

栄誠堂
「カエデのしずく」

本家松月
「かえでのラムネゼリー・お酒ゼリー」

水戸屋本店
「カエデのラムネゼリー」

(株)ワークス 小鹿野町
「秩父プリン(楓)」

これらの商品は、秩父ふるさと便

お取り寄せ通販をすることができます。

他にもメイトーから、

「秩父和メープルプリン」

1月28日から期間限定で

販売されています。

スポンサードリンク

カエデ糖を使ったおススメ店は?

古民家レストラン「シャンドフルール」

MAPLE BASE(メープルベース)」

カフェを紹介します。

古民家レストラン「シャンドフルール」

電話 050-3490-3443

住所 埼玉県秩父市上影森258-3

カエデ樹液の自然な甘さを活かした、

フレンチフルコースを

楽しむことができます。

ここで、注意があります!

小学生以下の子供の同伴は

ご遠慮していますとのことなので、

お子様連れの方は、

お子様が中学生になってからで、

お願いします。

MAPLE BASE(メープルベース)

電話 0494-26-6150

住所 埼玉県秩父郡小鹿野町長留1129-1

MAPLE BASEは、

メープルシロップを製造している

小屋のことなんです。

MAPLE BASEでは、

カエデのメープルシロップを使った

カフェやショップ、

メープルシロップ製造研究所、

イベントワークショップなどが

併設しています。

カフェでは、秩父産メープルシロップの

カエデ糖を使った

「フレンチトースト」や「パンケーキ」、

「メープルフォンデュ」、「樹液紅茶」、

「メープルラテ」、「メープルフラッペ」

などを楽しむことができます。

MAPLE BASEでは、

今年のメープルシロップの店頭販売が

本日3月30日より開始になっています。

インターネットや電話での

お取り寄せ通販は、

4月中旬からの予定なので、

遠方の方は、もう少しお待ちくださいね。

ちなみに、天然カエデ樹液100%の販売は

開始しています。

まとめ

秩父では、カエデの木の寿命を

縮めない方法で採取しているんですが、

カエデの木は樹液を採取できるように

なるまでに、10年20年先になるので、

植樹活動も行っています。

お菓子やサイダーを購入すると

秩父の森が豊かになるように

なっています。

秩父の活性化のために、

長い先を見越した活動が素敵ですね。

秩父カエデ糖の認知度が

【ごはんジャパン】を通じて

上がると良いと思います。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする