サツマイモの大栄愛娘から生まれた紅娘はしっとり甘~い!どこで買えるの?【ごはんジャパン】




紅娘のこと

紅娘もしっとりなめらかな食感が特徴ですが、

ゆっくりじっくりと加熱することで、

とてつもない美味しさが引き出されるんそうです。

焼き芋にすると、

果肉が鮮やかで濃いオレンジ色になります。

甘味がかなり濃く、緻密な果肉で

程よく水分をもっているため、

驚くほどしっとり滑らかな食感なんです。

強い甘さを持ちながら後味がスッキリしており、

味わいは上品で、安納紅芋の甘さや食感にも

近いものがあるんですが、

安納紅芋ほどネットリはしていないそうです。

現在、生産者はわずか5名で、

新しい品種でこれから栽培方法も確立していくので、

市場にはなかかなか出回りません。

スポンサードリンク

紅娘のお取り寄せは?

通販はあるのかと探してみましたが、

JAかとりでも扱っていなく、

楽天市場の築地市場であったのですが、

完売になっていました><

再入荷のメルマガ登録をすると、

もしかしたら手に入るかもしれませんね!

あとは、生産が軌道に乗るであろう

数年後を待ってみるしか無いですかね><

大栄愛娘・紅娘が【ごはんジャパン】に登場!

今回注目する食材は、千葉県・成田市産のサツマイモ。

世界的に活躍する

パティシエ・辻口博啓氏と的場浩司さんが、

成田のブランド芋“大栄愛娘”を生み出した

サツマイモ栽培の匠を訪れます。

するとそこで、大栄愛娘から新たに生まれた

“紅娘”という新種のサツマイモを知ることに。

まだ市場ではそれほど多く流通しておらず

“奇跡のサツマイモ”と呼ばれる紅娘は、

一体どのようにして生まれたのか?

ホクホクした味わいの“大栄愛娘”、

しっとりとしたおいしさが特徴の“紅娘”。

どちらも、サツマイモ栽培の匠が、

若くして亡くなった長女を偲んで名づけたというのです。

匠の名前は大木八史郎さんでしたね。

大木さんの趣味は「盆栽」で、

盆栽では木が枝変わりすることがあるそうです。

白い花なのに、突然一部だけ

ピンクの花が咲いたりすることなんですが、

大栄愛娘にもそれが起きたんですね!

それに気づいた大木さんは凄いですね!!

2種類のサツマイモに家族の絆を感じた辻口シェフは、

両方のサツマイモを使って3つのデザートを生み出します!!

どんなスイーツが出来上がるのか、楽しみですね!

まとめ

今回大栄愛娘紅娘が気になり、まとめてみました。

サツマイモの種類も豊富に見かけますが、

好みとしては、

安納芋の甘さとホクホクした食感が好きです。

となると大栄愛娘が私の好みに合いそうですね!

これは食べてみたいですね!!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする