ビフォーアフター番組初の団地リフォームの場所はどこ?

こんにちは tomoです。

久しぶりの

「大改造!!劇的ビフォーアフター」は

番組初の団地リフォームなんですね。

最近リノベーションって

流行っていますよね。

今回の物件は築44年なので、

初めに入居した人たちも

年配になっていると思うので、

若い世代の家族が入居してくれると、

団地が活性化すると思うので、

良いことだと思うんですよね。

そこで、いったいこの団地は

どこなんだろうと思い、

調べてみることにしました。

みなさんも一緒に

確認していきましょう!

スポンサードリンク

ビフォーアフター団地リフォームはどこ?

番組表によりますと、

依頼者は30代の若夫婦。

依頼者は若手芸人のロビンソンズ

山崎ノボルさんでしたね!

奥さんがメチャかわいくて

びっくりしましたね。

愛する2人の幼い娘たちが

健やかに成長できるよう

築44年の団地の一室をリフォーム!

今回も匠と共に魔裟斗、

尼神インター渚らが猛暑の中大活躍!!

とのことなので、

ここから場所を探ってみると、

埼玉県狭山市にある「新狭山ハイツ」が

該当するんです!

新狭山ハイツは1974年3月に建てられ、

770戸で32号棟もある大きな団地なんです。

最寄り駅の新狭山駅から徒歩20分と、

駅から少し遠いんですが、

幼稚園や小学校など充実しています。

バスだと、駅から10分です。

周囲は茶畑やサトイモ畑が広がる

里山なので、

自然環境もよく、

子育てにはうってつけの場所と

言えます。

築44年の1室をリフォーム

ということですが、

どのような変貌をとげるのか、

楽しみですね。

新狭山駅は西武新宿線なので、

新宿まで1時間弱という

通勤圏でもあるので、

人気が復活するかもですね。

空き部屋もあるようなので、

放送を見て、

更に新たな住人が見つかると

良いですね。

スポンサードリンク

団地生活デザインとは

匠を助けてリフォームしていた会社が、

「団地生活デザイン」なんだそうです。

名前からして、団地を住みやすくする

会社のようですよね。

団地生活デザインでは、

  1. 団地活性支援
  2. 団地のセルフリノベーション
  3. 団地でシェアハウス

に取り組み、

しあわせに団地を住み継ぐことを

目指しているんです。

団地で生活を考えているけど、

「古いしな~」

「どう直したら良いんだろう」

なんて思った人は、

相談してみると良い会社なんでは

ないでしょうか!

相談したい人はホームページ

覗いてみてください。

まとめ

今回ビフォーアフター番組初の

団地リフォームの場所

気になったので、まとめてみました。

新狭山ハイツ全体の状態も

気になるところなので、

放送を楽しみにしたいです!

今回の匠は「身の丈の住作家」

池田佳人さん。

尼神インター渚親方と魔裟斗弟子の

やり取りも楽しいですし、

DIYリノベを出来ることなら

tomoもチャレンジしたいので、

参考になるところは

真似したいと思います。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする