幻の米ササシグレは高額でも無農薬自然栽培で安心安全で超人気!お取り寄せ通販は?【ニッポンのミカタ】

こんにちは tomoです。

みなさんはササシグレという

お米はご存知ですか?

tomoは初めて聞いたんですが、

ササニシキなら

知っているんですけどね。

ササシグレはササニシキの

親になるそうなんですよ!

そんなササニシキが

【たけしのニッポンのミカタ】に

登場するんです。

味もさることながら、

価格やお取り寄せが気になったので、

調べてみることにしました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

ササシグレはどんなお米?

ササシグレは1950年代から

1960年代にかけて、東北地方などで

栽培されていたんです。

1961年には東北地方で

栽培面積1位を記録したこともあります。

食味に優れていたササシグレですが、

いもち病や倒伏に弱く、

その座をササニシキニに譲りました。

ちなみにササニシキは

ササシグレとハツニシキから

生まれたんです。

そんなササニシキは、食味だけは

”ササシグレを超えられなかった”

という声があるそうです。

現在、ごく一部の生産者だけが

栽培しているササシグレは、

無農薬自然栽培で

大切にそだてられています。

無農薬でお米を栽培しているとなると、

たくさんの面積での栽培は

難しいですよね。

手間暇と栽培面積を考えると、

ササシグレが高額になってしまうのも

頷けますね。

ちなみに亀の尾は、

ササシグレの親なんです!

お米アレルギー

お米アレルギーの出やすい米と

そうでない米があるそうなんです!

もち米系かうるち米系に

お米は分かれるそうで、

お米アレルギーの出にくいお米は、

うるち米系なんだそうです。

そんなうるち米系に属するのが、

ササシグレなんです。

もちろんササニシキもうるち米系です!

全然知りませんでした!

tomoの家では、

コシヒカリを食べているので、

ちょっと考えてみようと思います。

ササシグレの価格は?

価格を調べたところ、

5㎏で3,500円~5,900円と

様々な価格です。

これは、栽培している場所などによって

変わってくるんでしょう!

ササシグレのお取り寄せ通販は?

楽天市場やYahooショッピング

厳選米ドットコム自然栽培の専門店などで

お取り寄せが可能です!

精米しているササシグレと

玄米のササシグレが選べるので、

使い勝手の良い方を選べますね。

ササシグレ【ニッポンのミカタ】で紹介!

お米もブランドが命!?

発見!幻の高額米「ササシグレ」

ニッポンのミカタに出演した阿部自然農園

阿部知里さんの作ったササシグレは、

無農薬無肥料で作られていましたね。

農薬を田んぼから抜くのに

5年を要したそうです!

農薬って、ずっと残るんですね。

農薬を抜いた後、初めのうちは雑草が

多く生えたんですが、今では、

ほとんど生えないそうなんです。

不思議ですね!

阿部自然農園では、3000万円をかけて

機械を揃え、

生産から販売までを全て行っています。

それは農協に卸すと、指定銘柄以外なので、

安くなってしまうからなんだそうです。

なので、阿部自然農園では、

自らインターネット販売や

お店に卸しているんです。

それでもササシグレだけでは、

生産量が少なくて、採算がとれないので、

ササニシキ・ヒトメボレ・亀の尾・

いのちの壱・陸羽132号・こがねもち

も販売しています。

ササシグレを実食したタケシさんも、

「これはうまいね」

と絶賛していましたね。

茂木シェフが作ったご飯のお供、

かけるハンバーグは、おいしそうでしたが、

折角のササシグレの味が

しなくなっているんじゃないかなって、

心配になりました。

蒲田屋(かまたや)おにぎりの43種類全てが110円!?場所やメニューは?【ニッポンのミカタ】

ササシグレのまとめ

今回ササシグレが気になったので、

まとめてみました。

無農薬自然栽培、

お米アレルギーのことなど、

なんだかすっごいお米なんですね。

育てるのは大変だと思いますが、

素敵なお米なので、

お米農家のみなさんにがんばって、

栽培を続けて欲しいです。

余談ですが、ササシグレを使った

お寿司屋さんが表参道ヒルズに

あるそうです。

「築地玉寿司 ささしぐれ 表参道ヒルズ店」

ササシグレを食べてみたい人に、

おススメですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする