竿代信也(さおしろしんや)のwikiや和栗おすすめスイーツに和栗やの通販は?【マツコの知らない世界】

こんにちは tomoです。

スーパーやコンビニで

栗商品をたくさん

見かけるようになりましたね。

カントリーマアムやたけのこの里、

マロンホイップやクリームのパンなど。

もちろんモンブランや栗きんとんの

スイーツも旬の今がおすすめですよね!

tomoは栗好きなので

めちゃめちゃテンションが上がります!

2018年9月18日放送の

【マツコの知らない世界】では、

“栗スイーツの世界”を

竿代信也さんが紹介してくれます。

なので竿代信也さんのwikiや

和栗の種類や産地、

おすすめ栗スイーツや

竿代信也さんが代表をしている

「和栗や」などが気になったので、

調べてみました。

みなさんも一緒に

確認していきましょう!

スポンサードリンク

竿代信也さんのwiki風プロフィール

名前 竿代 信也(さおしろ しんや)

出身 千葉県

家族 妻・子供3人

職業 和栗や代表・栗職人・栗農家

元々はクリエイティブディレクターとして、

大手航空会社などの

食品カタログをプロデュースしていた。

日本全国の産地をまわっている中で、

およそ10年前に

茨城県笠間の栗のおいしさに出会い、

和栗の専門店を起業し、

365日栗にまみれる生活をしている。

栗農家として約6000坪の土地に

栗を栽培している他に

「和栗や」「Mont Blanc STYLE」の

代表・職人として、

栗と向き合い、

栗に生かされる生活をしている。

「和栗や」の場所やメニュー

和栗や

谷中銀座商店街に栗専門店としてオープン。

焼き栗・甘露煮・モンブラン・

栗薫(栗100%ペースト+砂糖)・大福・

アイスクリームなど

住所 東京都台東区谷中3-9-14(谷中銀座商店街内)

営業時間 11:00〜19:00

電話 03-5834-2243

定休日 月曜日

最寄駅 JR日暮里駅・千代田線千駄木駅

Mont Blanc STYLE(モンブラン スタイル)

東京2号店(2018年5月開店)の

モンブランスタイルですが、

こちらの店舗はモンブラン専門店で、

お寿司屋さんのような

カウンタースタイルの店舗になり、

目の前で竿代さんが作ってくれます。

作りたてのモンブランデザートと

日本茶を提供してくれます。

住所 東京都渋谷区富ヶ谷1-3-3

営業時間 12:00~19:00(材料が無くなり次第終了)

電話番号 070-4343-1568

定休日 水曜日(ほか、畑作業のため臨時休業有り)

最寄駅 小田急線代々木八幡・千代田線代々木公園

※営業時間中は電話対応ができないので、

注意してください。

こちらのモンブランスタイルですが、

先日『有吉くんの正直さんぽ』で

有吉さんたちが立ち寄ったお店

だったと思うんです!

モンブラン専門店で、

カウンタースタイルなんて

他にないですよね。

しかもメロンの上にモンブランだったので、

間違いないです。

あっ!

もちろんメロンも茨城産のメロンです。

敷居の高そうな店構えだったことを

覚えています。

しかもめちゃめちゃ美味しそうで、

モンブラン好きとしてはたまらん画でしたよ!

和栗や・モンブランスタイルで

日本茶を扱っていますが、

こちらの日本茶も栗と同じく

茨城県の奥久慈産なんです。

茨城に対しての愛を感じますね!

スポンサードリンク

和栗やのお取り寄せ通販

和栗やでは、

お取り寄せ通販があります

モンブランは店内の

イートインのみなんですが、

和栗パイや栗薫・栗薫大福にアイス、

岩間の栗に

茨城県奥久慈の茶名人のお茶などが

お取り寄せできます。

気になった人は和栗やのホームページ

覗いてくださいね。

和栗の種類や産地

和栗に種類があるとは

知りませんでしたが、

結構たくさんの種類があるんです!

日本一の栗の産地茨城県では、

8月末~10月中旬までの結構長い間、

収穫時期があるんですが、

その種類も13種類くらいあるんです。

竿代さんのお店で使用する栗の品種は、

「丹沢」と「利平」が中心なんですが、

収穫量がとても少なくて、

希少な「人丸(ひとまる)」を使った

モンブランも秋限定で提供されるそうです。

これこそ秋の味覚って感じですね。

そういえばスーパーでも栗が

販売されるようになりましたね。

買ってきた栗の保存は、

新聞紙でくるんで冷蔵庫のチルド室へ

入れておくのが良いそうです。

そして家庭で栗を茹でる時のポイントは、

よく煮ることなんだそうですよ!

沸騰してから最低でも50分は

グツグツ煮る。

これは栗のでんぷん質を

糖化させるためで、

そうすることで

甘みを引き出すそうなので、

よく煮ることを覚えておきましょう!

スポンサードリンク

竿代信也さんおススメ栗スイーツ【マツコの知らない世界】

茨城県の2大栗農家の

小澤さんと酒井一郎さんも

登場しました。

小澤さんは焼き栗の第一人者で

丹沢」という品種を紹介します。

酒井さんは「倉方」という

珍しい栗を育てています。

倉方はとっても甘くて、

香りが良いんですが、

粒が小さいため出荷すると

安くなってしまうので、

育てる人が少ないんだそうです!

マツコさんは、焼き栗が

お気に入りでしたね。

マツコも絶賛!伝説の職人が作る茨城栗スイーツ

フランス菓子ルブランの

「レジオン・ド・マロン 岩間70%」

1本 5,000円(税込)

茨城県水戸市で販売されています。

お取り寄せ通販があります!!

虎屋も買いに来る小田喜商店

小田喜さんが栗を扱うと

とても栗がおいしくなるんですが、

小田喜さん曰く

「栗はもともとおいしいんです」

だそうです。

そんな小田喜さんが作った

”ぎゅ”というお菓子。

茨城県には栗のお菓子の

お土産が無かったので、

栗と砂糖だけを使って

作ったそうです!

岐阜の栗きんとんのように

メジャーになるといいですね。

まとめ

今回竿代信也さんと和栗が

気になったので、まとめてみました。

茨城県笠間は、日本一の栗の里

なんだそうです。

じつはtomo、家族旅行で8月に

笠間稲荷に寄ったんです!

栗の産地だとは知りませんでした。

知っていたら、栗スイーツを堪能していたのに…。

もの凄く惜しいことをしました。

がっかりです。

次に笠間や東京に行くときには、

是非竿代信也さんおススメの

栗を堪能したいです!

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする