仲田晃司は神に認められたワイン醸造家!銘柄や値段は?【プロフェッショナル】

こんにちは tomoです。

ワイン漫画「神の雫」にも登場した

ワイン醸造家の仲田晃司さんが

【プロフェッショナル 仕事の流儀】に出演します。

なので仲田晃司さんのワインの銘柄や

値段などが気になったので、調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

仲田晃司さんのこと

出典:NHK

名前 仲田 晃司(なかだ こうじ)

生誕 1972年

出身 岡山県高梁市

大学に通うために上京した仲田さんは、

フランス料理店でアルバイトをした時に、

ワインと出会いました。

大学を卒業後も

しばらくそのフランス料理店で働き、

ワインの奥深さを知ると、

次第に自身がワインを造ることへの興味が深まり、

1995年にボルドーとブルゴーニュの

生産家のもとで3ヵ月間実地研修をします。

翌1996年に「一番自分の下にピタリとはまった」

ブルゴーニュへと向いました。

フランス語の習得をし、

1999年にボーヌの名門ワイン学校「CEPPA」で、

ワイン醸造に関する学位を取得します。

卒業後ボーヌの大手ワイン商で少しの間働き、

2000年に現在のワイナリー会社

「メゾン・ルーデュモン」を設立しました。

日本人が会社を設立する困難を避けるために、

フランス人の友人が当初は代表だったそうです。

3年を経て、2003年に仲田さんが

社長に就任したんです。

その2003年に、会社の本拠地を

フランス・ブルゴーニュ・ジュヴレ・シャンベルタン村に

移した時の内輪のお披露目パーティーで、

世界のワイン関係者の間で「神様」

と呼ばれているアンリ・ジャイエ氏が祝福に訪れ、

仲田さんの造ったクレマン(スパークリングワイン)を

褒め称えたんです。

アンリ・ジャイエ氏は、

自らの発言力の影響を考えて、

他人のワインについて

めったに評価しないことで知られていたので、

「神が認めたブルゴーニュ」として、

瞬く間に知れ渡り、

仲田さんのワインが世界中で知られるようになったんです。

仲田さんのワインのラベルには、

ブルゴーニュ産ですが、「天・地・人」が書かれています。

日本人であるということ、

自然と人間に対する真摯な尊敬の念の象徴なんだそうです。

スポンサードリンク

ワインの銘柄と値段

ルー・デュモン・クレマン・ド・ブルゴーニュ・ブラン・ド・ブランNV

神様が褒めたワインですが、3,400円

ルー・デュモン ジュヴレ・シャンベルタン 2014  赤ワイン

5,790円

他にもワインの種類がありますし、

年代によって値段が違うので、

ショップで確認してくださいね。

私が調べた、販売しているお店は以下になります。

覗いてみてくださいね。

楽天市場

eX-WINE

ENOTECA

仲田晃司さん【プロフェッショナル 仕事の流儀】に出演!

ワインの聖地、ブルゴーニュに飛び込んで23年の

ワイン醸造家として注目を集める

仲田晃司さんに密着します。

「極上の一滴」を生み出すための

驚きの哲学を聞いてみましょう。

悪天候でブドウの収穫量の減少が続く中、

今年も「ヒョウ」が畑を襲い、

傷だらけになったブドウを慈しむ仲田さん。

3か月の取材で見えたのは、

逆境でも常に前向きにワインと向き合う

誠実な生き様だった。

これを見れば、ワインが100倍面白くなる!?かも!

まとめ

今回仲田晃司さんが気になり、

まとめてみました。

単独フランスに行き、

会社をおこした仲田さんは凄すぎますね!

言葉もままならない国へ行き、

成功するんですよ。

情熱だけでは、

なかなか成功できないと思います。

番組の放送で、どんな話しが飛び出すのか、

たのしみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする