京わたがしが箱に!?カラフルでかわいい綿菓子専門店(ジェレミー&ジェマイマ)が通販も【所さんお届けモノです】

こんにちは tomoです。

京都といえば、甘い上品なお菓子や

昔ながらの幽霊子育飴が

知られていますよね。

そんな京都から、京わたがし専門店

ジェレミー&ジェマイマ」が

【所さんお届けモノです!】に登場します。

お店のネーミングからは、

京都っぽくはないんですが、

京都の散策にぴったりのかわいい

京わたがしが人気なんだそうです!

そこで、京わたがし

「ジェレミー&ジェマイマ」の場所や種類

お取り寄せ通販もあるようなので、

調べてみました!

みなさんも一緒に確認していきましょう!

ジェレミー&ジェマイマの場所

JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)

問合せ先電話 070-4169-4008

<JR京都伊勢丹店>

住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町

営業時間 10:00~20:00

休日 JR伊勢丹に準ずる

<祇園店>

場所 京都府京都市東山区下弁天町51-4

営業時間 11:00~17:00

休日 なし

縁切り寺として有名な安井金毘羅宮の

お隣です!

<古川町商店街店>

住所 京都府京都市東山区八軒町444-3
古川商店街内

営業時間 11:00~17:00

休日 なし

ジェレミー&ジェマイマの京わたがしが

人気なので、

類似商品が出回っているようなので、

注意してください!

3店舗でしか、販売していません!

幽霊子育飴で赤ちゃん助かる!日本昔話の飴を今も販売のお店はどこ?【所さんお届けモノです!】

京わたがしの種類

京綿菓子

※祇園店と京都伊勢丹店で販売していますが、

京都伊勢丹店は、お持ち帰り用のみに

なっています。

ザラメから開発した京わたがしは、

カラフルでかわいいですよね。

散策のお供にもピッタリですね。

浴衣や着物に映えそうなイメージです。

綿菓子って、白かピンクですよね。

他の色があるのに驚きますね。

抹茶やほうじ茶、桜餅、黒蜜きな粉、

梅干しなど、京都のイメージに

ぴったりの綿菓子が販売されています。

プレーンや紅茶、珈琲もあります。

また、季節ごとに限定の味もあるので、

色々試してみたいですね!

お土産用には、密封袋に入って

販売されています。

なんと、日持ちが1か月!!

賞味期限の長さに驚きました!

お値段は、食べ歩き用もお土産用も

600円です。

wata-hana(わたはな)

※古川町商店街店のみの販売です。

自家製のドライフルーツやナッツ、

ハーブをトッピングした京綿菓子です。

花束のような可愛い見た目に、

トッピングの食感と風味が楽しい

綿菓子なんです。

お値段は600円です。

wata-hako(わたはこ)

※古川町商店街店と京都伊勢丹店で

販売しています。

箱に2種類の綿菓子が詰まっていて、

こちらも自家製のドライフルーツやナッツ、

ハーブをトッピングしてあります。

お弁当箱に詰まったような綿菓子で、

なんだか不思議ですね。

綿菓子とお茶のセットになります。

お値段は、テイクアウト用は600円、

イートイン用は900円です。

これは、お茶があるか無いかの違いですね。

お茶は3種類から選べ、

一保堂さんのお茶になります。

京わたがしのお取り寄せ通販!

わたがしがお取り寄せできるとは、

思ってもいませんでした!

お取り寄せ商品は、

袋入り綿菓子(賞味期限約1か月)

wata-hako
(賞味期限冬期:約6日・夏季:約3日)

抹茶・プレーン・桜餅・黒蜜きな粉・

珈琲・梅干し・柚子・ほうじ茶・薔薇・

紅茶の全11種類

綿菓子では無いのですが、

キョウトグミ(500円)全12種類。

賞味期限は約3か月です。

キョウトグミは、香料・着色料を

一切使用していません。

そして、キョウトグミのモチーフは、

京都で見かけるあれこれということで、

鳥居や大文字などになっているので、

お土産に喜ばれますね。

※値段はすべて、税込み表記です。

お取り寄せ通販はこちらからできます。

京わたがし【所さんお届けモノです】で紹介

住んでいないと知らない!

隠れた名店や新名物を地元の方に

徹底的に聞き込んで探し出す

人気シリーズの第4弾です!

今回の舞台は晩秋の京都!

おススメの穴場や新スポットを紹介!!

いま大注目の新スポット!

これまでのイメージをくつがえす

綿菓子屋さんとして、

「ジェレミー&ジェマイマ」紹介されます!

京わたがしのまとめ

今回京わたがしが気になったので、

まとめてみました。

本当に今までのイメージを覆す、

わたがしですね!

思ったよりもボリューミィーと、

嬉しい情報が多数あるので、

京都へ行った時には、

是非食べ歩きがしたいです!!

安井金毘羅宮へのお参りのあと、

清水寺へ行く道のりに、

食べたいと思います。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする