黒い梅干し黒梅の別名は烏梅(うばい)ってどんな味?月ヶ瀬(奈良)で作る効能や通販は?




こんにちは tomoです。

ナニコレ珍百景で

黒梅こと烏梅(うばい)が紹介されるんですが、

いったい黒い梅干しって、

どんな味なんでしょう?

梅干しが黒いって、何故なんでしょうね。

奈良県の月ヶ瀬で作られている

烏梅のことを調べてみようと思います。

黒梅こと烏梅(うばい)って?

烏梅は、完熟して落下した梅の果実を

煙で黒くいぶして、

薫製にしたものを乾燥したものなんです。

見た目は石のように硬そうですが、

触ると柔らかいんです。

その黒さの色から、

烏梅と呼ばれるようになったそうです。

烏梅の「烏」は、カラスと読むんですよね。

烏梅は、中国から漢方薬としてやってきました。

なんと、梅の木より先に来たんです!

中国語で烏梅は、

wu mei(う めい)と言います。

そのために、後から日本に来た樹木も

「ウメ」と呼ばれるようになった

という説もあります。

烏梅ってどんな味?

未熟な梅の実を使っているので、

強い酸味があります。

酸っぱくて、ちょっと苦いそうですよ!

クエン酸が豊富なので、

強い酸味は、頷けますね。

月ヶ瀬では、700年ほど昔から、

生薬としてではなく、

紅花染めに使われていたそうです。

烏梅の効能って?

烏梅は、生薬として重宝されているので、

効能が気になるところですよね。

効能としては、鎮痛・解毒作用がある

健胃整腸の妙薬。

煎じて風邪薬や胃腸薬として

用いられています。

他には、熱冷まし・下痢止め・咳止め・

食物や薬物中毒・止血・すり傷・

切り傷の手当て・回虫駆除などです。

煎じて飲むのも、酸っぱそうですね。

喉が痛いときとかに、飲んだら、

さっぱりしますかね。

烏梅はどこで買えるの?場所や通販は?

奈良県月ヶ瀬では、烏梅作りが

継承されているんですが、現在では、

中西喜久さん家族だけが製造しているんです。

調べてみると、通販があるようです

烏梅の里 梅古庵で購入できます。

烏梅だけではなく、梅干しなどの

梅製品も購入ができます。

また、実店舗もあるので、お近くの人は、

足を運んでみるのも良いと思います。

まとめ

今回黒梅こと烏梅(うばい)

気になったので、まとめてみました。

真っ黒な梅に衝撃をうけました!

美味しそうとは言えないですが、

ちょっと、食べてみたいとは、思います。

梅干しとの酸っぱさ勝負をしてみたいです!

考えただけでも、口の中で、

唾液が出てきてしまいます。

初めて黒い梅干しがあることを知りましたし、

すっごく興味が沸きました^^

現在では、たった一軒になってしまった

中西家なので、がんばって、

烏梅を残してほしいと思います。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする