清永奈穂のプロフィール、子供の安全を研究する彼女が まいにちスクスクに出演

子供の安全を研究する清永奈穂さんが まいにちスクスクに講師として登場です!

なので今回 清永奈穂さんが どんな研究をしているのか、気になって調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

清永奈穂さんのプロフィール

名前 清永 奈穂(きよなが なほ)

所属 ㈱ステップ総合研究所

職名 代表取締役所長

学位 修士(立教大学)

その他の所属 NPO法人体験型安全教育支援機構


清永奈穂さんの研究

研究分野 教育学、教育社会学、犯罪生態学

専門 子どもの安全、非行問題、規範教育、市民教育、地域安全、犯罪学

書籍等出版物 犯罪者はどこに目をつけているか 新潮社

はんざいからの安全学習ノート(共著)

犯罪からの子どもの安全を科学する(共著)

防犯ボランティア活動マニュアル(共著)など

私たちは「自分で自分を守る力」のことを「安全基礎体力」(「防犯先生の子ども安全マニュアル」より)と呼んでいます。安全基礎体力とは、危機に対する社会的な力と体の力のことで、4つの力で表すことができます。

4つとは①危機に対する知識知恵、②体力、③コミュニケーション力、④大人力です。私達の体験型安全教室では、この安全基礎体力をつけることを目的として行っています。

子どもたちを犯罪から守るために、大人ができること、そして子ども自身ができることを、頭、体、声を使って大人も子どもも一緒に考えていきたいと思っています。

引用元:ステップ総合研究所

清永さんは、危機を通して子供を大人に育てる「体験型安全教室」を全国で開催しています。

「大声出し練習」

「防犯ブザーのならしかた」

「ランドセルを背負って走ってみよう」

「駆け込んでみよう」

実際に体験してみないと、どの位の大きさの声が自分は出せるのか わからないですよね。

大人へのSOSはどうするのか、防犯ブザーはどのように扱うのかなど、

実践は絶対に必要ですね!

「いざ」という時に体験学習をしているか、していないかでは、子供の運命が変わって

しまいますね!

是非、自治体の協力を得つつ全国の学校で導入してほしいです。

学校で「子供たの安全へのとりくみ」を知ったら、きっと犯罪も減りますよね!

犯罪抑止力にも期待ですね!!

スポンサードリンク

そんな清永奈穂さん まいにちスクスクに出演

小さな子どもが被害者になる事件、その多くはちょっとした隙に起きています。

今回は、危険を回避するための防犯のポイントを紹介します。

清永さんから防犯の基本を学びましょう。

まとめ

今回 清永奈穂さんが気になってまとめてみました。

避難訓練のように コワイ体験の訓練も各学校で取り組みが必要と思いました。

今後 清永さんの活動が広がることを期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする