納豆汁に納豆餅!?山形県民も納豆好き!?【ケンミンSHOW】




納豆といえば”茨城県”と思っていたのですが、

実は”山形県”も納豆王国なんだそうで、

【秘密のケンミンSHOW】で紹介されます。

なので、山形県の納豆王国ぶりが気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

山形県民は納豆好き!?

山形市の公式ホームページには、

納豆汁のレシピが、

また、山形県の公式ホームページでは、

納豆餅が紹介されています。

郷土料理として、

納豆料理が紹介されているわけですね。

昔は納豆はどこの家でも作られていたそうです。

材料のワラと大豆が手近な材料だったこと、

冬場はコタツに入れて手軽に作っていたのだとか。

お米どころの山形ですから、

ワラが”手に入りやすい”ということですね!

全国納豆協同組合連合会によりますと、

会員数が最も多い県は、やはり茨城県です。

続いて第2位に山形県、第3位に北海道と続きます。

納豆を作っている会社が全国で2番目に多い

ということは、それだけ納豆を食べる人が多い

ということですよね!

見たことの無い、”しお納豆”も販売されていて、

こちらも大人気の納豆で、

刻んだ昆布や麹も入っているとかで、

健康に良さげですね!

納豆をいろいろ進化させているんですね!!

柴田理恵さんが紹介していた

おみ漬け納豆”というものもあり、

こちらは、”おみ漬け”という漬物を納豆と混ぜるそうです。

おみ漬けは、青菜で出来ていて、

シャキシャキ感があり、

納豆もさっぱりと食べられておいしいそうです。

食べてみたいですね~!

スポンサードリンク

衝撃!納豆汁&納豆餅【ケンミンSHOW】で紹介!

納豆餅は”なともづ”と読むそうで、

美味しいお米の産地なことから、

さまざまな餅文化が残っているのだそうです。

納豆餅」があることを初めて知ったのですが、

どうやら山形県以外にも宮城県・北海道・

京都府の一部で食されているのだとか。

納豆汁は、納豆をすり鉢ですってから、

作るのですね!

粒が入っているとイメージしていました。

もともとは、内陸の人は動物性タンパク質を

摂る機会がすくないことから、

それを補うために開発されたようです。

植物性タンパク質ですし、栄養価は満点ですね。

まとめ

今回納豆汁納豆餅が気になり、

まとめてみました。

私も納豆は好きで、「おいしいよ」と言われると

試しています。

ラーメンに納豆、味噌汁に納豆は、

どちらも美味しいのですが、

食べたあとの器を洗う時にちょっと厄介

だったことを覚えています。

面倒くさがりなもので…

となると、私には納豆汁は無理そうですね(^^ゞ

納豆餅は試してみようと思います。

醤油味ですし、美味しそうですね!

あとは、お正月にも良さそうですね!

そうは言っても、納豆そのままだけでも

じゅうぶん美味しいので、

何に使っても美味しいですよね。

納豆が苦手な人には、ごめんなさい。

山形県民のみなさん、これからも納豆を愛して

昔からの文化を守ってください。

そして、もっとPRをして、全国に美味しさを教えてあげてください。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする