京都マンションでゆうちょ銀行社員が死亡!犯人は交際相手!?名前や勤務先は?なぜ殺害?【事件】

こんにちは tomoです。

京都市伏見区のマンションに住む
ゆうちょ銀行社員の男性が
死亡しているのが見つかりました。

チェーンがかかった扉の向こうには、
死亡した男性と
傍らには、死亡した男性の交際相手が居ました。

どうやら交際相手が殺害した模様です。

いったい何があったのでしょう?

事件の経緯をまとめてみました。

事件の経緯

2019年3月8日午前10時半頃、京都市伏見区のマンションに住む38歳の男性の母親から、「息子と連絡が取れない」と通報があった。警察が、駆け付けたところ、男性が血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

警察が、殺人事件として捜査。現場の部屋にいた男性の交際相手から、事情を聴いている。

死亡した男性は、
伏見区深草西浦町8丁目のマンションに住む、
ゆうちょ銀行社員の倉満紀治さん(38)。

京都府警伏見署によりますと、倉満さんが、
3月7日に欠勤をしたので、
会社が倉満さんの母親に連絡をし、

母親が3月8日午前10時半頃、
倉満さんのマンションを訪ねると、

玄関にチェーンが掛けられていたので、
京都府警伏見署に通報しました。

通報を受け、伏見署員が室内を確認すると、
倉満さんが血を流した状態で
ベッドに横たわっていました。

その近くには、交際相手の女性が
寝転がっていたということです。

倉満さんの母親は、さぞ驚いたことでしょう。

ありえない光景を見ることになったんですよね。

京都マンションで男性死亡犯人は?

やはり、逮捕されたのは、
交際相手の女性でしたね。

江藤翼容疑者(36歳)は、
京都市左京区岩倉長谷町、郵便局アルバイト。

江藤容疑者は、

「一緒に死のうと思って刺した」

と容疑を認めているそうです。

なぜ殺害した?

ゆうちょ銀行社員と郵便局アルバイト
ということなので、
会社で出会って交際に発展したんですかね。

「一緒に死のうと思って刺した」

と話している江藤容疑者ですが、
無理心中をしようと思ったということですよね。

年齢的には結婚話しが出てきても
おかしくないですよね。

倉満さんはゆうちょ銀行社員ですし、
結婚するならば安定している会社の社員で、
安心して結婚に進めると思うんです。

しかし、無理心中を計った江藤容疑者なので、
別れ話が持ち上がっていたのかもしれませんね。

まとめ

殺害した彼氏のそばで、
死にきれなかった彼女なんですが、

警察が部屋に入った時には、
側に座っている光景を想像していたんですが、
なぜに寝転がっていたんでしょう。

それにしても、一社会人として
お勤めをしているわけですし、

こんなことをしたら、
会社に迷惑をかけるなって
思わなかったんでしょうか。

まぁ、色んなことが考えられたら、
こんな事件を起こしていないですね。

殺害された倉満さんは、本当に気の毒としか、
言いようがありません。

ご冥福をお祈り申し上げます。