萩原季実子のキレイになる3つのコツが知りたい!10分で字が美文字に変わる練習法は?【教えてもらう前と後】




こんにちは tomoです。

2月12日放送の【教えてもらう前と後】は、

萩原季実子先生が教えてくれる

たった10分で「美文字」になる3つのコツ

ですね。

美文字って良いですよね。

パソコンの普及で、字を書く機会は

減っているんですが、字を書くことって、

結構あるんですよね。

字がキレイだと、かっこいいですし、

それだけでキチンとした人に見えますし!

美文字で損することはないと思うんです。

そこで、萩原季実子先生が教えてくれる

10分で字が美文字になる3つのコツ

の練習法など、

美文字になるためのやり方が気になったので、

まとめてみました。

萩原季実子先生って?

萩原季実子先生のプロフィールや教室は、

萩原季実子が美文字で美人!結婚はしてるの?教室の場所や練習帳は?【教えてもらう前と後】

で確認してくださいね。

萩原季実子先生の10分で美文字になる3つのコツとは?漢字編【教えてもらう前と後】

萩原季実子先生が教えることには、

美文字になるためには、

3つのコツがあるそうなんです!

<その1>

斜め45度に「打ち込み」を入れてタメをつくる。

横線・縦線を書くときには、真っすぐではなく、

書き出し部分は斜め45度に打ち込みして

タメをつくることで、大人文字になります。

<その2>

漢数字の「一・二・三」が書けるようになると、

漢字は上手くなります!

「一・二・三」が基本になります。

他の文字の時にも使いますよ!

文字は横線が揃わない方が美しいそうです。

なので、横線は、真っすぐには引かない!!

<その3>

文字の見た目の印象を大きく左右する

「余白」の作り方。

”目”のように囲みの中にある横線は、

必ずスキマをつくるように、

少し離して書きます。

”口”などの四角い漢字は、正方形に書くと、

字が幼く見えるので、逆台形になるように

下に向かってすぼめます。

萩原季実子先生の10分で美文字になる3つのコツとは?ひらがな編【教えてもらう前と後】

<その1>

「つながり」を書くことで、上達!

ひらがなの”お” や ”た”のように

画数があるものを書くときには、

文字の「つながり」を意識して、

書くことを意識しましょう。

はじめは、つながり部分を点線で書き、

なぞることから始めてみましょう!

<その2>

一筆書きのひらがなは、”丸み”を!

尖らせないように、

丸みをつけると良いです。

止めるところは止めて、

小さな丸みや大きな丸みで、

きれいな文字になります。

<その3>

似た形の多い”よ” ”の” ”け”を

マスターすると、応用が効きます!

”よ”の丸める部分は、

真っすぐ下ろしてから丸めるのではなく、

左斜め下にしてから、

丸を作るときれいな形になります。

おなじように、”は” や ”ま”を書きましょう!

”け” などの向いあう2本の縦線は、

互いに並行に進ませることを意識して

書きましょう!

萩原季実子先生の美文字まとめ

今回萩原季実子先生が気になったので、

まとめてみました。

萩原季実子先生は、「恋するように

自分の字を好きになってもらいたい

と思い、生徒に接しているようです。

「お手本の字を忠実に書くことが

キレイな字では無い」とも仰っています。

美文字って、お手本のような字が美文字だと

tomoは思っていたので、

「そうなんだ!」と

ちょっと目からうろこでした!!

自分が自分の字を好きであればOK

だと思うと、

ちょっとハードルが下がる思いですww

でも、好きなだけじゃダメですよね。

他者評価も入っての美文字ですよね。

やはり…。

いやいや、自分の字に恋することができれば

OKですね!

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

フォローする