後藤真希(元モー娘)がアパ不倫!夫は不倫相手に損害賠償で裁判!離婚はどうなる?




こんにちは tomoです。

信じられないニュースなんですが、
2019年3月14日発売の「週刊文春」に

元モーニング娘。の後藤真希さんの
アパ不倫が夫にバレて、裁判に突入した
ことが掲載されます。

なので、いったいどういことなのか、
まとめてみました。

後藤真希アパ不倫の経緯

出典:https://ameblo.jp/  後藤真希ご夫妻です!

2014年に結婚をして、
現在は2児の母として、
活躍している後藤真希さん。

最近では、夫もテレビ出演をしたり、
自宅を公開したりしてますよね。

なので、
仲の良い夫婦なのかと思っていたら、

現在は、後藤真希さんの夫が、
後藤真希さんの元カレを相手取り、

330万円の損害賠償を請求していることが、
週刊文春の取材で明らかになったんです!

週刊文春によると、

〈2人でタクシーを拾い、Bさんが宿泊していたアパホテルに遊びに行くことになり、その場でBさんと肉体関係を持ちました。

(中略)22日の昼と23日の朝の計2回肉体関係を持ってしまいました〉

これは、裁判資料の後藤真希さんの
陳述書から、抜粋したものです。

訴えられた、
後藤真希さんの不倫相手(28歳・独身)は、

後藤真希さんから、
「夫からDVをうけていた」と聞いていおり、

「すでに婚姻関係が破綻していたので、
権利侵害行為は認められない」
と主張をしているそうです。

二人の関係がいつから始まったのかは、
わからないですが、

結婚しているのは、分かっていたはずなので、
ちょっと、権利の主張に無理はないですかね。

夫からのDVが本当なら、
こちらも大問題ですよね!

後藤真希さんの所属事務所は
「裁判は事実ですが、コメントは控えます」
と回答しています。

裁判が事実ということは、
アパ不倫も事実ということですね。

アパホテル、変なイメージが
ついてしまいましたね。

それにしても後藤真希さん、
小さなこども2人を置いての
ホテルでお泊りって、
子育て放棄に思えてしまいます。

ママタレントとして、
今後は活動しようとしていたように
思えたんですけどね。

実際はママとして、どうなんでしょう。

今回、後藤真希さんと
後藤真希さんの元カレ

不倫関係になってしまったキッカケは、
SNSだったようです。

昨年初めから、二人は頻繁に
SNSなどで連絡をとるようになり、

その際、後藤真希さんは、
夫への不満を聞いてもらっていたようですね。

そんな二人の関係を夫が知ったのは、
いつだったのでしょう?

3月14日発売の週刊文春では、
詳細が語られていることでしょう!

後藤真希さんの簡単プロフィール

名前 後藤 真希(ごとう まき)

生年月日 1985年9月23日

出身地 東京都江戸川区

血液型 O型

後藤真希さん謝罪文

後藤真希さんは、公式ブログで
直筆の謝罪文を掲載しましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この度は、ファンの皆様、関係者の皆様に
多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます。

一部週刊誌で報じられている通り 昨年、夫とは別の男性と関係がありました。
誠に申し訳ございませんでした。

私の未熟で軽率な行いにより生涯を誓った夫を深く傷つけ、妻として母として、またこのような立場でありながら自覚が足りず、信頼を裏切る事となりました。後悔の思いとともに深く反省しております。

また、夫よりDVなどを受けていると報じられておりますが、当時の私自身が夫婦喧嘩を過度な表現にしてしまい、相手との軽率なやりとりから誤解を招く内容となり、大変反省しております。

現在、夫と度重なる話し合いの末、こんな私を許し受け入れてくれ、夫婦として向き合う時間も増えました。
私自身、改めて家族の大切さと、してしまった過ちの重大さを深く感じています。

これからは今まで以上に夫婦助け合い、子どもたちや家庭を大事に育み、公私ともに精一杯の努力をして参ります。

この度は誠に申し訳御座いませんでした。

後藤真希

まとめ

今回後藤真希さんのアパ不倫に驚いたので、
まとめてみました。

元モー娘。いろいろな事件が
ありすぎですね。

まさか、後藤真希さんまでが、
スキャンダルとは、がっかりです。

夫からのDVがある人は、
子ども2人を置いて、
ママだけが逃げたりしないと思うんです。

やはり、夫はDVをしていなかったんですね。

後藤真希さんご夫婦は、現在、
修復に向かっているとのことです。

今後、後藤真希さんご夫婦が、
離婚を選択するのかは分かりませんが、

今回の出来事で、子どもたちが
傷つかないと良いな…と思っています。

親として、守ってあげてくださいね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする