GEN(ドゥア・モール)の脳の病気は?現在の活動やプロフは?結婚はしているの?【1番だけが知っている】




こんにちは tomoです。

2019年2月25日放送の

【1番だけが知っている】は、

バイオリンが弾けなくなった

ミュージシャンの手術を

日本の医師が手術で救ってくれますね。

その手術を受けた患者さんが、

ドゥア・モール(Dur moll)のGENさん

なんです。

なので、ドゥア・モールのGENさんの

脳の病気

バイオリンを弾いて活動しているのか、

GENさんのプロフィール

結婚はしているのか、

気になったので調べてみました。

GENのプロフィール

名前 GEN

出身地 群馬県

居住地 東京都

血液型 B型

高校3年生の時に病気を発症する。

2001年 Dur moll(ドゥア・モール)を主催。

3枚のアルバムをリリースするも、

右手の局所性ジストニアの影響で

バイオリンの演奏が困難にり、

活動を休止する。

2010年6月10日、定位脳手術を受ける。

手術後に、トレーニングを重ねた結果、

再び演奏が可能になる。

>>>GENさんを手術した平孝臣先生に関してはこちらをどうぞ。

GENの現在の活動は?

2015年、インストルメンタルアルバムを

リリース。

2017年4月、新メンバーYurika・

JAM・Sonokiを迎え、再始動を開始する。

バイオリン奏者のいる、R&Bって、

珍しいですよね。

かなり、興味が沸きました!

【1番だけが知っている】で、

演奏してくれませんかね。

現在は、ディナーショーやライブ、

レコーディングなど、

演奏活動をしています。

tomoはドゥア・モールの演奏を

聞いたことが無いので、

YouTubeで探してみました!

聴いてみると、スッゴク良いですよ!!

音が好きですね~。

みなさんも聴いてみてください!

GENの脳の病気は何?【1番だけが知っている】

GENさんの病気は、

局所性ジストニアだったんです。

局所性ジストニアって何だろう?

不随意で持続的な筋肉収縮を引き起こす神経疾患である

この収縮により姿勢異常が生じ、手(書痙)、指(音楽家のジストニア)、首(痙性斜頸)、眼瞼(眼瞼痙攣)、喉頭(喉頭ジストニア)、下顎骨(顎口腔ジストニア)のような身体の一部に影響を及ぼす。

引用元:ウィキペディア

局所性ジストニアは、

音楽家に多く見られるんですが、

その原因は、楽器などを上手になるために、

懸命に練習を繰り返すことで、

指を何度も同じ動きで動かすことが

原因と考えられています。

これが原因だとしたら、

音楽家の人で苦しんでいる人が

たくさんいそうですね。

GENさんは、幸いにも

平孝臣先生に出会い、

定位脳手術をうけたことで、

バイオリンを再び弾くことができたんです。

平孝臣先生に出会うまでの数年間は、

大変な思いをしていたんでしょう。

GENは結婚しているの?

GENさんは、結婚しているんでしょうか?

ちょっと気になってしまったので、

調べてみたんですが…

情報を見つけることができませんでした。

GENさんは、高校生の時から

病と闘いながら、演奏を続けていたので、

家族の支えもあったと思うんです。

それが、両親なのか、妻子なのかは、

分かりませんでした。

まとめ

今回はドゥア・モールのGENさんが

気になったので、まとめてみました。

現在も演奏を続けているGENさんなので、

局所性ジストニアが再発しないように

ケアしながら、音楽を楽しんでください。

局所性ジストニアなる病気のことを

教えていただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする