江村信一の誰にでも描ける!?パステルアートを伝授!不思議な癒しアート!【まる得マガジン】

パステルシャインアートの創始者江村信一さんが

NHK【まる得マガジン】に登場です!

なので江村信一さんのことが気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

江村信一さんのプロフィール

名前 江村 信一(えむら しんいち)

1950年生まれ

出身 大阪府

高校卒業後大日本印刷系列の(株)大日本ポリマー就職

20歳 漫画家・中島たを先生と出会いキャラクターの世界に入るキッカケになる。

その後広告代理店などを経て

25歳 1回目の起業

サンリオに売り込みに行くと、逆にスカウトされる

1979年 サンリオ企画制作デザイン室入社

1984年 2回目の起業 キャラクターライセンス&デザインスタジオCISを六本木に設立

1995年 パステルシャインアートを発表

以後、パステルアートの指導を開始し、

インストラクター養成にも携わっています。

被災地や病院などでパステルアートを教える

ボランティア活動にも尽力しています。

江村信一さん不思議な癒しアート

パステルシャインアートは、描いて癒され、

見て癒される不思議なアートだそうです。

描くことでココロもカラダも癒される

セルフヒーリングアートになります!

楽しく簡単に描けます。

まず、筆も水もいりません!

そして絵心もいりません!

それなのに、温もりが伝わるアートが

出来上がります。

自己を見つめ、健康的で美しい自分への

出会いのきっかけづくりをするものです。

これからの人生の目標をしっかり持って、

前向きに生きたいなど、心の声を実現していく

手助けをするヒーリングアートだそうです。

たしかに、見ていると癒されます!

心が洗われるようです!!

私もテキストを購入して、試してみたいと

思います。

部屋に飾っても素敵ですし、

絵心の無い私が描いて、ハガキで送っても

喜ばれそうですよね!

スポンサードリンク

そんな江村信一さん【まる得マガジン】に出演!

パステルアートは、パステルを粉にして、

コットンにつけて画用紙に塗っていくものです。

不思議なことに、どんなに絵が苦手な人でも、

魔法のようにすてきな絵が描けてしまいます。

一番簡単なお日さまを書いて額に入れれば

現代アートのようです。

また消しゴムを使って光を表現したり、

色のグラデーションをつけたりと、

考えながら手を動かしていると

脳や心の健康にもつながります。

番組では、声優の金田朋子さんをゲストに

放送されます!

ちなみに金田朋子さんの描くラクダがこちらです。

なかなかのラクダですね(>_<)

足が線になっています…w

そんな金田朋子さんでも、素敵に描けましたね!

もちろん、NHKまる得マガジンとして、

テキストが発売していますので、

「やってみたい」という方は、是非ご覧下さい!

まとめ

今回江村信一さんのことが気になり、

まとめてみました。

パステルアートは、江村信一さんが、

「アーティストとしてなにかできないか?」と

考えて生まれた作品です。

(この年は、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件がありました)

こんなに簡単に、やさしく素敵な絵が誰にでも描けるなんて、すごい発明です!

今後、ますます注目されますね。

クチコミで、たくさんの人の目に触れますよう、願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする