出汁をとるのが面倒!楽々だしの取り方は放置するだけ!?【ヒルナンデス】

こんにちは tomoです。

みなさんは、お料理する時に、

出汁をきちんと作っていますか?

tomoは、なんだか面倒なので、

簡単に使えるめんつゆや

だしつゆ、出汁の入っている味噌を

つかっています。

そんな面倒なだしを

簡単に作る方法があるそうなんです!

なので、作り方を見て行きましょう。

煮干し昆布だしの作り方

材料(2人分)

煮干し
5㎝四方の昆布
10匹
1枚
600cc
  • 煮干しは、はらわたと頭を取る
    (くさみを無くすため)
  • タッパーに材料を入れる
  • 蓋をして冷蔵庫に1晩寝かせる
  • 煮干しも昆布も
    柔らかくなっているので、
    みそ汁の具として食べられます。

かつおだしの作り方

材料(2人分)

かつお節 10g
熱湯   600cc
  • お茶ポットにかつお節を入れる。
  • 次に熱湯を注ぎ、蓋をして3分置く。
  • ざるでこしたら出来上がり

かんたん出汁の作り方まとめ

今回簡単に出汁を取る方法

まとめてみました。

お味噌汁を具沢山にして、

出汁で取った昆布や煮干しを

一緒に食べると、

おかずになるみそ汁が

出来上がるそうです。

出汁を取ったかつお節も、

フライパンで炒って、

醤油やみりん・砂糖など、

好みの味をつけて、ふりかけを作ると

無駄がないですね。

でも…フライパンで炒るって、

これまた面倒ですね。

調べてみると、電子レンジでも

代用できるようです。

600W1分20秒くらいから

試してみて下さい。

これなら、洗い物も少なくて

ラクチンです!

出汁を取るのって、

結構めんどくさいなって

思っていたんですが、

一晩漬けるだけって良いですね。

ちょっと試してみようと思います。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする