Cafe nouka(カフェ ノウカ)は古民家で京都米のランチが人気!ギャラリーも気になる!【人生の楽園】

こんにちは tomoです。

2018年1月6日放送の【人生の楽園】では、

京都府亀岡市で古民家カフェを営んでいる

森さんご夫妻が出演します。

そこで森さんご夫妻の経営する

Cafe nouka(カフェ ノウカ)の場所や

カフェメニュー、ギャラリーが気になったので、

調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

Cafe nouka(カフェ ノウカ)のこと

出典:Cafe nouka Facebook

店名 Cafe nouka(カフェ ノウカ)

住所 〒621-0242 京都府亀岡市宮前町神前障子53番

営業時間 水曜日〜土曜日 11:00〜16:00

定休日 日曜・月曜・火曜・第2水曜日

<メニュー>

●週替わりランチ 1,080円

~cafe農園&地元・神前産の

野菜たっぷりの手作りランチです。

ご飯は自家栽培の京都・神前米で

品種はキヌヒカリだそうです。~

出典:Cafe nouka Facebook

こちらのランチは、1日10食限定で、

予約は受け付けていないので、

先着順なんです。

●スイーツ(木曜・金曜・土曜日のみ)

ワッフル(ちょろぎエキス入り) 850円・

スコーン 550円などがあります。

「ちょろぎ」って知っていますか?

地方によっては、お正月の縁起物として、

おせち料理に入っていたりするんですが…。

ちょろぎは、物忘れに効果があるとか!

そして、亀岡市宮前町神前では、

ちょろぎが特産のようです。

なので、ちょろぎエキス入りなんですね。

きっと!

●神前ブレンドコーヒー・和紅茶(南山城村産)・

ほうじ茶ラテ・ホットジンジャー・

りんごジュースなどがあります。

400円~540円

スポンサードリンク

Cafe noukaギャラリー

ギャラリーでは、作家さんが作った作品を

展示・販売しています。

こちらの作品が、素敵な作品だなぁ~と

気になりました。

調べてみると、現地に行かなくても

購入ができる物があるようですね。

しの平窯

出典:Cafe nouka Facebook

京都府亀岡市ひえ田野町にある

湯の花温泉の麓で作られています。

Facebookがあるので、そちらをチェックすると、

京都市内で販売されていることもあるようです。

WAKU.水引アクセサリー

出典:Cafe nouka Facebook

こちらで作品を見ることができます。

出典の情報があるかもしれません。

チェックですね。

La point d’or

出典:Cafe nouka Facebook

探してみたんですが、

見つけることができませんでした。

Cafe noukaでゲットですね!

自家栽培

森さんの自家栽培のお米や野菜も

お店で販売しています。

出典:Cafe nouka Facebook

京都・神前米のお米です。

ランチにも使われているお米なんですが、

低農薬栽培で安心、ご贈答用(5kg、10kg)もあります。

出典:Cafe nouka Facebook

野菜も森さんの自家栽培です。

スポンサードリンク

Cafe nouka【人生の楽園】で紹介!

~ 冬の京都 古き良き山里暮らし ~

「森の京都」と呼ばれる京都府亀岡市で

古民家を改装して使ったカフェを始めたのは、

森亀好(きよし)さん(56歳)と

妻の和子さん(57歳)ご夫婦です。

出典:テレビ朝日

亀岡市の兼業農家に生まれた亀好さんは、

亀岡市役所に就職し、当初から55歳を

ひとつの区切りにしようと考えていました。

訪れたお客様がほっこりと一息つける

カフェを営みたいと考えるようになり、

自宅前の古民家が売りに出ることを知り

2015年に購入します。

翌年の3月に55歳で早期退職し、

夫婦で古民家の改装に取り掛かりました。

そして準備が整った2017年4月に

「cafe nouka(のうか)」を夫婦でオープンさせます。

和子さんが作る週替わりランチは、

新鮮で旬な野菜を使い、

出汁をきかせた優しい味付けが人気になっています。

まとめ

今回Cafe noukaが気になり、まとめてみました。

建物は昭和初期に建てられた古民家で、

とっても雰囲気があって素敵ですね。

年末年始は少しお休みしていて、

新年は1月11日から営業になります。

機会があったら、是非限定ランチをゲットしたいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする