辨野義己が美肌効果・メタボ予防の若返り菌を発見!?腸内細菌の研究者が主治医が見つかる診療所に出演

腸内細菌研究者の辨野義己先生が

主治医が見つかる診療所に登場です。

なので今回辨野義己先生のことが気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

辨野義己さんプロフィール

  出典:http://syoku-ken.org/

名前 辨野義己(べんの よしみ)

生年月日 1948年8月28日

出身 大阪府

研究分野 腸内細菌

受賞歴 日本獣医学会賞(1986年)
日本微生物資源学会賞 (2003年)
酪農学園大学獣医学部同窓会「三愛賞」(2007年)
文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)(2009年)
Top Ten New Species Award (2009)

酪農学園大学獣医学科 卒業

現在は、独立行政法人理化学研究所イノベーション推進センター

辨野特別研究室特別招聘研究員。酪農学園大学獣医学群特任教授、農学博士(東京大学)

辨野義己先生が教える腸内細菌

ウンチ博士こと辨野義己先生は、

ヒトのうんちから新しい生きた腸内菌を

探す研究をしています。

うんちに含まれている腸内細菌を研究し、

さまざまな病気との因果関係を解明しています。

がんと腸内細菌の関係が分かってきたのは、

つい最近のことだそうです!

胃にピロリ菌が発見されたのが1980年ですが、

当時は誰もこれが胃がんの原因だなんて

考えもしませんでした。

同様に大腸がんが腸内細菌によるものだということは、

つい最近まで誰も想像しなかったことです。

つまり胃腸のがんは、「常在菌の感染症である」

ということが分かってきたのだそうです。

”ピロリ菌”は細菌よく聞きますね。

井戸水から検出されたとか…

私はアラフォーの田舎育ちなので、

子供の頃は井戸水を飲んでいましたから

この話はドキドキしましたね!
また腸内細菌の構成は個人差が大きく、

同じ人でも食生活や年齢によって

変化するといいます。

その変化が健康状態をあらわし、

疾病予防や早期発見にもつながると

辨野先生は考えています。

食べ物を変えたり、食生活が変わると、

腸内最近に変化が生じます。

バランスを崩した腸内細菌は、

発がん物質を産生することもある

そうですので、腸活は必要ですね!

「若い頃から便秘がち」「便秘薬は常備薬」

これらは危険信号だそうですよ!

便秘がもたらす様々な弊害によって、

腸は最も病気にかかりやすい臓器なのです。

「出すことは、生きること」なんですよー!

スポンサードリンク

辨野義己先生流便秘対策

便秘の原因は?というと「偏食、ストレス、運動不足」ですね。

肉及び肉加工食品の摂取量の増加や、野菜不足、

運動不足、アルコールの多飲などは、

大腸がんのリスク要因です。

そこで、便秘を解消し大腸がんを予防する方法ですが、

肉に加えて野菜スープとプレーンヨーグルトを食べます。

加えて1日1時間の運動メニューを取り入れます。

野菜スープは食物繊維がたっぷり摂れ、

ヨーグルトは腸内環境を整えます。

これなら、好きな肉を食べても大丈夫!

というのが辨野先生流です。
先生の日課になっているという運動メニュー

ですが、スクワットや腕立て伏せなど、

筋トレ系メニューを仕事の合間に30分。

それと近隣の公園を、足にウェイトを付けて歩く。

歩くことは腸よう筋を鍛えるのだとか…。

これが便秘対策に良く、ただトボトボ歩いては

腸よう筋を鍛えることはできないので、

足を上げてしっかり歩くことがポイントです。

自分に合った筋トレメニューを取り入れることが、

長続きのポイントですよね。

できることから始めたいと思います!

辨野義己先生の著書

辨野義己先生は多数の著書があります。

中でも辨野先生のおすすめ書籍は

下記の2冊だそうですよ!

「見た目の若さは腸年齢で決まる」
「健腸生活のススメ」

また子供向けには、

食べた物がうんちになるまでを

わかりやすい絵本にした

「おべんとうんち」

がありますよ!

”便のはなし”は大事なことなので、

子供の時から正しい知識をつけたいものですよね!

スポンサードリンク

そんな辨野義己先生 主治医が見つかる診療所に出演です!

最新!腸内フローラを改善して10歳若返るSP

腸内フローラの新常識!美肌効果&シワ&

メタボ&便秘&がんまで予防する“若返り菌”を

新たに発見!その正体とは!?

腸内フローラを改善してくれる最強の食材とは?

腸は様々な健康の要です!

腸を超健康にするための1時間をお送りします。

まとめ

腸内環境が整えば、美肌になりますし、

美肌になれば若返ります!

便秘が無くなり、腸が正常に働くとメタボは

改善され、発がん性物質を作り出すことも

無くなりますね。

私的には「若返り菌」に多いに期待したいですね!

ちなみに辨野義己さんの苗字は「べんの」と

読みますが、本名だそうですよ!

すごい偶然ですね。

辨野先生自身も「ウン命だ」と

おっしゃっているそうですよww

辨野先生の腸内細菌の研究が、

私たちの健康にますます役立つことを

期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする