バカ貝(青柳)は砂を吐かない!調理法はどうする?産地(津・富津)の違いは?【青空レストラン】




こんにちは tomoです。

2019年4月6日放送の

【満天☆青空レストラン】の

食材はバカ貝ですね。

バカ貝といえば、

砂を吐かないそうなんです!

それじゃあ、どうやって食べるんでしょう?

なので、調理法が気になるところです。

それに、バカ貝といえば、

青柳(あおやぎ)のことなんですが、

この名前の違いや産地の違いも

気になるんです!

産地の違いで、食べ方にも

違いがあるんでしょうか?

なので、ばか貝のことを

調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

バカ貝【青空レストラン】で紹介!

今回は三重県津市より、

バカ貝が登場します!

銀座では一貫1000円もする!?

実は超高級なバカ貝。

でも1度は食べて欲しい…

うますぎるバカ貝の魅力をお届けします、

こんなにうまい貝があったのか…!!

知らないともったいないバカ貝の魅力を

握り、浜焼き、酒蒸し、干物、パスタ…。

全てが感動の旨さなんです!

バカ貝の産地で違いはある?

tomoは、関東在住なので、

バカ貝といえば、

千葉県富津市の青柳だと思っていました。

青柳は地名から取っている

名前なんですよね。

今も富津市には青柳地区がありますからね。

なので、青柳だけが産地だと

思っていました^^;

【青空レストラン】では、

三重県の津市産バカ貝が登場しますね。

富津市と違うのは、

バカ貝を干物にするということですね。

あの大きさの貝を干物にするとは、

驚きでした!

でも、干している姿がキレイですね。

貝なので、干したら、絶対おいしいですしね。

干物を自分で作る場合には、

産地はどこでも、もちろんOKなので、

水揚げされたばかりの貝を

直ぐに剥いて

出荷されたものを購入すると、

手間が省けて良いですよね。

スポンサードリンク

バカ貝の由来

バカ貝の由来としては、その昔に、

東京や千葉で

「バカのようにたくさん獲れた」とか、

「バカのようにだらしなく舌をだしている」

とか言われています。

また、バカ貝は、茹でると青柳という

説もあります。

まぁ、あまり素敵なネーミングとは

言えないですよね。

バカ貝(青柳)の調理法は?砂はどうする?

今回のバカ貝の調理法は、

握り、浜焼き、酒蒸し、干物、パスタ。

調理をする前に、貝といえば、

砂抜きですよね。

バカ貝は、あさりのようには、

簡単に砂が抜けないんですね。

というか、バカ貝は、砂を吐きださない

と言われています。

魚屋さんでも、

茹でた青柳が売られていますよね。

もしも生で砂抜きをしようとするならば、

新鮮な海水に長い時間入れておくと、

砂は抜けるそうなんですが、

その間、海水の温度が

上がらないようにすることができれば

可能みたいです。

ただし、バカ貝は、この間に鮮度が

落ちてしまうので、

おススメはできないとのことなので、

バカ貝の鮮度が良いうちに半茹でして、

洗う方法が良いですね。

バカ貝の砂抜きの方法

① 大きな鍋に、貝が浸る程度の水を入れ、

沸かします。

② その間に、バケツやボールに

バカ貝と水を入れて、

こすり洗いしたあと、

一つづつ貝の表面のぬめりを落とします。

※腐っているものがないか、確認をする。

③ 沸騰したお湯に②を入れます。

再度沸騰しかけたら、火を弱め、

バカ貝が半分くらい口を開けたら、

ザルに揚げ、冷水へ。

※この時、かなりの砂がでます。

④ 殻から身を取り出します。

※殻の端から内側をなでるように、

親指の腹を滑らせると、

貝柱ごと、とれます。

⑤ 取り出した身をザルに入れて、

ボールと重ね、水を張ります。

※ザルはプラスチック製が望ましいです。

⑥ 少しザルに押し付け気味に

優しくかき回し洗います。

※かき回して洗う時に、

左右では効果が違うということなので、

左回しに数回、

砂が出なくなったら、

右回しに数回と、

左右を反転させてみてくださいね。

⑦ 水を替えて、⑤⑥を繰り返します。

7回~10回ほど、根気よく繰り返します。

※押し付けすぎると、実が崩れるので、

注意してください。

⑧ ベロ(口ばし)と根元あたりに

砂粒があることも多いので、

めくって、流水で洗ってください。

⑨ 2回目の煮だしをします。

お鍋8分目の水+20g+酒(大1)を入れ、

沸かします。

⑩ ⑨に⑧をザルごと静かに浸け、

身が温かくなったら取り出します。

※茹でる時は、

うま味を逃がさないために、

沸騰させないように気をつけましょう。

ここまでの所要時間、1時間以上と、

バカ貝の砂抜きは、なかなか大変です。

ここまでしても、100%の砂抜きは、

できないという…

なかなか手強いヤツでした!

スポンサードリンク

バカ貝のレシピ

tomoの住む地域では、スーパーで、

茹でた青柳の他に、舌きりと呼ばれる

ベロ部分を生で売っているんです。

舌きりを酢の物で食べるのが

我が家の定番です。

舌きりの他に、小柱

お寿司の軍艦巻きにすることもあります。

他には、砂抜きした青柳を甘辛く煮たり、

バター炒めや酢味噌和えなど、

あさりと同様のレシピになりますね。

まとめ

今回バカ貝が気になったので、

まとめてみました。

バカ貝は、ハマグリと比べても、

アミノ酸の量が豊富だったり、

美味しかったりするので、

手軽に食べられたら、もっと、

世間に広く知られたと思うんですよね。

ただ、砂抜き作業が、

ハンパなく面倒なので、tomoは、

茹でてある青柳を買ってくることを

決意しました!

みなさんは、お好きな方法で

青柳を食してくださいね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする