甘欧(アモー)は週末営業古民家カフェ!場所やアフタヌーンティー・通販は?【人生の楽園】

こんにちは tomoです。

2017年12月9日放送の【人生の楽園】に

週末営業の古民家カフェ甘欧(アモー)

ご主人・伊東さんと奥様が登場します。

なので甘欧(アモー)がどこにあるのか、

アフタヌーンティーってどんなものなのか気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

甘欧(アモー)のこと

店名 古民家 Cafe 甘欧(アモー)

所在地 宮城県登米市(とめし)東和町錦織字入沢97

℡ 0220-44-4274

営業日 土曜日・日曜日・祝日

営業時間 10:00~18:00

駐車場 あり

※2日前までに予約すると、

平日でも営業してくれるそうです。

甘欧(アモー)は山里にあるので、

「遠くからきたのに売りきれなの」

ということがないように、完全予約制なんです。

なので、来店する時には、

先ず問合せをしてくださいとのことです!

〇主なメニュー

季節のケーキ、和菓子

コーヒー、紅茶、抹茶

アフタヌーンティー

冷菓、マカロン、一口菓子、

本日のケーキ、スコーン

キッシュ、サンドイッチ

のみもの

アフタヌーンティーというと、

専用スタンドにお皿が3段乗っているものを思い浮かべますが、

甘欧(アモー)では和風なんですね。

出典:甘欧(アモー)Facebook

囲炉裏ですし、和風旅館の食事のように

お膳に乗ったアフタヌーンティーなんですね。

なんだか斬新です。

甘欧(アモー)では、カフェの他に古民家を体験できます。

民泊もしているそうです。

また、ヤギ、アヒル、ニワトリ等の家畜とも触れ合えますよ。

スポンサードリンク

甘欧(アモー)の通販!

美味しそうで気になるんだけど、

宮城県登米市は遠くて行けないな~!

という方に朗報です。

調べてみると、通販がありました!…が、

現在在庫なしになっているので、注文ができません><

気になる方は、ホームページを見てくださいね。

こまめにチェックしてみると、

販売中に出会えるかもしれません。

出典:甘欧ネットショップ

めぇめぇクッキー栗バターケーキ

マカロンの他にわらじ草履などがあるようです。

めぇめぇクッキーがとってもかわいいですね。

甘欧(アモー)【人生の楽園】に登場!

3年前、宮城県登米市の山里に移住し、

囲炉裏のある築110年の古民家で

自給自足の暮らしを楽しみながら、

アフタヌーン・ティーが人気の

カフェも始めた夫婦を紹介します。

伊藤秀作さんと妻の由紀恵さんです。

食事はすべて由紀恵さんの手作り、

しかも食材はご夫婦が自給自足の暮らしで

生産するものが主体です。

野菜のほか麦や大豆も栽培し、

味噌も小麦粉も手作り。

鶏やヤギを飼い、卵をとってミルクを絞り、

お菓子作りが好きな妻はスコーンやマカロンを作り、

自宅で営むカフェで、

英国風のアフタヌーン・ティーを

和風にアレンジして提供しています。

2016年4月1日よりオープンした店の営業は週末のみで、

自宅は現在進行形でリフォーム中です。

日々ゆっくりペースで土壁を塗ったり、

土間を作ったりしてきました。

夫婦の目標は「昔ながらの生活様式に戻す」こと。

そんな夫婦が家庭の調理や暖房に使う燃料は、

すべて「薪」。

秀作さんの長年のアウトドア経験から、

ひと昔前に戻ったような生活スタイルが落ち着くそうです。

そして週末になれば、厨房で由紀恵さんが

次々とスイーツやスコーンなどを作り、

古民家中に甘い香りが漂います。

秀作さんもワイシャツに着替え、

ホール担当に早変わり!

伊藤さん夫婦のユニークな暮らしが紹介されます。

まとめ

出典:甘欧(アモー)Facebook

今回古民家カフェ甘欧(アモー)が気になり、

まとめてみました。

お膳で食べるスイーツがどれも美味しそうです!

パティシエだったわけでもないのに、

美しいケーキに見惚れてしまいました。

なかなか遠くて行きつけないので、

お取り寄せができたら、頼んでみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする