吉田ユニの作品・感性・魅力にせまる!?ブルゾンちえみも大ファンの彼女が情熱大陸に出演

世界を魅了するトップアートディレクターの

吉田ユニさんが情熱大陸に登場です!

なので今回吉田ユニさんの作品・感性・魅力などが気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

吉田ユニさんのプロフィール

出典:https://twitter.com/y_u_n_i_c_h_a_n

氏名 吉田ユニ

生年月日 1980年10月2日

出身 東京都

女子美術大学附属中学校 卒業

女子美術大学附属高等学校 卒業

女子美術大学芸術学部デザイン科造形計画専攻 卒業

大貫デザイン 入社

2006年 宇宙カントリー 所属

2007年 独立

大学進学時に将来のことを考え、もともと興味のあったデザイン科へ進学をします。

大学で、広告の授業を受けるようになったのですが、それがきっかけで広告への興味も強まってきました。制限されたなかで、どれだけ面白いことをして、人を動かしていけるのかということを考えていくところに面白さを感じたんです。何も制約がないところでものを作るよりも、何かお題を与えられた方が燃えるところがありますね(笑)。

大学の授業がきっかけになり、その後色々なアートディレクターの作品を意識的に見るようになったそうです!

当時、大貫卓也さんの作品が一番好きだったそうです。

好きな人に師事できるとは、なんとも羨ましいですね!

吉田さんの行動力が幸運を運んできたのですね。

吉田ユニさんの作品・感性・魅力など

出典:http://www.yuni-yoshida.com/

吉田さんが初めてアートディレクターとして手がけた香港のアパレルブランド「b+ab」の広告です。

周りの反響も良く、フランスの雑誌でも取り上げられました。

完成したものを野田さんに見てもらった時、泣いて喜んでくれたそうです。

その後吉田さんが独立するきっかけになりました!

秋冬シーズンの広告だったので、女の子を象徴するアイテムであるスカートを使って、秋冬の部屋のあったかさを表現しようと思ったんです。常に新しいことが要求されるファッション広告で、いつもと違う視点で何か作れたらと思っていました。展開が秋と冬の2回に分かれていたので、秋バージョンで部屋の中を走り回っていた動物を、冬バージョンではスカートの中に入れたりして、季節感も出していきました。

吉田さんの作品はファンタジーの要素が詰まっていますよね!
吉田さんは自分の中にストーリーがあったり、コンセプト自体を物語のように

考えていくところがあると言っています。
もともと絵本やマンガを見たり、描いたりすることも好きだったそうです。
ただ、よく女の子っぽいイメージに捉えられがちだそうですが、

基本的には女の子っぽいものは好きじゃないそうですよ。

ラフォーレ原宿、野田秀樹氏の舞台『THE BEE』『半神』のアートディレクション、

木村カエラやChara、Perfume、星野源のCDアートワーク、

LUMINE“IT’S NEW ”WEEKのキャンペーンビジュアル、

渡辺直美展のアートディレクションを手がけてきた吉田さんですが、

最近では桐谷美玲主演の『人は見た目が100パーセント』のポスターを手がけています!

    出典:http://www.fujitv.co.jp

メインキャラクターのブルゾンちえみさんは、吉田さんのインスタグラムを

フォローするほどの大ファンだそうです。

「吉田ユニさんが撮って下さることをポスター撮影当日に知りまして、『え!!! あの吉田ユニさんですか!!!?』 『えーーー!!! うそー!!!」』って大興奮で跳ね上がってました(笑)すごく楽しくて、興奮した撮影でした!」と大喜びで語った。

実験道具を持つところが理系女子とわかりやすく、しかも背景がピンクで、

女子もどきから女子へと変貌していく様を描くドラマに合っていますよね!

スポンサードリンク

そんな吉田ユニさん情熱大陸に出演

旬を生きるあらゆるジャンルのアーティストが今、こぞってコラボレーションを望む

アートディレクターの吉田ユニさん。

アイデアの引き出しを開ける瞬間、イメージを具体化する作業を撮影…作品が誕生する

創作過程に徹底密着します!

まとめ

今回 吉田ユニさんについて気になりまとめてみました。

素晴らしい才能をお持ちの吉田ユニさんですから、

今後の活躍もまだまだ期待できますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする