やまの芋「銀沫(ぎんしぶき)」は岡山県勝山の特産品!すりおろしても白いまま!?【青空レストラン】

岡山県真庭市勝山地区の特産品、

幻のやまのいもと言われている「銀沫(ぎんしぶき)」は、

すりおろしても”白いまま”だとか!?

そんな銀沫が【満点☆青空レストラン】に登場します。

そこで気になったので、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

銀沫(ぎんしぶき)のこと

出典:http://www.ja-maniwa-shop.jp/

やまのいも「銀沫」は全国的にも珍しい品種なんです。

生産者一同が試行錯誤を重ねながら栽培方法を

確立して育てあげた、幻のやまのいもなんです。

自然薯にも勝るとも劣らない独特の風味と強い粘り。

アクが少ないため、すりおろしても変色しにくく、

真っ白なつきたてのもちのような食感で、

口にふくめば、濃厚な味わいが広がるんだとか!

銀沫」の由来は「同地区の名瀑、神庭の滝の

銀白に輝く滝のしぶきが畑にふりそそぎ銀沫になった」

とのイメージから命名され、平成17年に商標登録しました。

出典:http://www.ja-maniwa.or.jp/

素敵なネーミングですね。

日本昔話になりそうなお話しですww

銀沫(ぎんしぶき)って購入できる!?

もちろん地元では購入できます。

地元のイベントやお土産屋、道の駅「醍醐の里」、

JAまにわ直売所「きらめきの里」、

勝山農産物直売所「健康の里」などで販売しています。

通販でもJAまにわshopで購入できます。

販売は11月初旬から完売するまでの季節限定品です。

楽天市場でも購入できたのですが、

今年の分は終了してしまったようです。

人気商品なんですね。

スポンサードリンク

銀沫(ぎんしぶき)が【青空レストラン】で紹介!

究極の粘りを誇る山の芋「銀しぶき」!まるで餅?絶品とろろ

岡山県で育てられる究極の粘りを誇る山の芋が登場!

その名も「銀しぶき」…1本1000円の値もつく究極の山の芋。

とろろにすればまるで餅!

そのとろろで作る絶品「とろろチゲ」には感動です!

さらに岡山県産黒毛和牛の赤身肉を、

塩でくるんでじっくりオーブンで焼いた

「塩釜焼ローストビーフ」も!

とろろと合わせた「ローストビーフ丼」がウマイ!

とろろチゲもローストビーフ丼も美味しそうですね。

大輔さんはいつも美味しそうですよね!!

まとめ

今回銀沫(ぎんしぶき)が気になり、

まとめてみました。

すりおろしても、ほとんど変色しないのは、

良いですね!

それに、透き通って見える、

美しい山のいもがあるんですね。

私の住む地方の山のいもは、自然薯なので、

粘りはありますが、色が変わってしまうんですよね。

銀沫(ぎんしぶき)、是非食べてみたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする