サクランボ味のトマト!?トマト麺!?オムライス街道!?トマト大集合【沸騰ワード10】

トマトブーム到来でしょうか!?

【沸騰ワード10】にて、

ゲストの神木隆之介さん&杉咲花さんも衝撃!

幻のトマトトマト麺、

高知県の「謎のオムライス街道」が紹介されます!

なので、トマトが気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

幻のトマト

幻のトマトで検索すると、

色々な名前のトマトが出てきます。

私が気になったトマトは、

「さくらんぼトマト」です。

北海道や静岡県で取れるそうですが、

甘くてやわらかく、

皮が口に残らないのが特徴だそうです。

見た目は、さくらんぼのようで、かわいいです。

出典:http://www.farmind.co.jp/

他には、いかにも高級そうな「ジュリエッタ」

こちらも糖度が高く甘いそうですよ。

パッと見ると、さくらんぼみたいですねww

更に高級な高知県は「徳谷トマト」です。

化粧箱が物語っています。高いですよ~!

どれも美味しそうですが、幻となると、

流通はほぼ無しですよね。

どんな幻のトマトが出てくるのか、楽しみです!

幻のトマト戦国時代

1.宮城県大崎市

スーパーデリシャストマト…甘さはいちごに匹敵する糖度9度

生産者は全国で7人。

市場価格の4倍以上のお値段1キロ1800円ですが、

あっという間に完売です。

2.高知県四万十町

狼桃(おおかみもも)トマト…環境を整えたトマトは柔らかく、甘味を感じます。

栽培農家は1軒 2~3キロで12,500円

3.静岡県藤枝市

プチルージュ…甘さはメロンに匹敵する糖度12度

ものすごく柔らかく甘く、栽培農家は1軒です。

食べた感じがさくらんぼ。甘く溶ける感じです。

スポンサードリンク

トマト麺

トマト麺がブームの兆しがあるとか…

調べてみると、確かに、専門店がありました。

太陽のトマト麺」と言います。

これが美味しいと評判なんですよ!

知りませんでした。

トマトがたっぷり入っているので、

ビタミン&ミネラルがたっぷり

摂取できますから、健康にもよさそうですよね。

リコピンですし、美人になれそうですよ!

しかしなぜか…男性客ばかり来店しているそうです!!

その理由は…店長の石井さんの見た目がイカツイせいだと…

確かに眉毛が薄いから、ちょっと怖い感じですかね(^^;

オマール海老の頭から出汁をとっていて、

エビ好きには、たまらんですね!

健康のためにラーメンを断念している人にも

良さそうですね!!

近くに行った時には、私も食べたいと思います。

メニューが多くて、迷ってしまいますね!

オムライス街道

オムライス街道は、高知県高岡郡日高村にあります。

そうは言っても、よくわかりませんよね(>_<)

高知市から西におよそ16キロの距離に

あるそうで、オムライス街道は

日高村の国道33号線沿いにあります。

日高村は仁淀川が流れる丘陵地帯にある

自然豊かなところです。

シュガートマトやお茶、生姜、文旦などを

生産しています。

高知県は全国的にも

美味しいフルーツトマトの産地で

知られていますが、

日高村はそのなかでも屈指の

トマトの産地なんだそうです。

日高村は山に囲まれた特有の土地柄ゆえに、

昼間と朝夕の寒暖の差が激しくなります。

この気候をうまく利用し、

トマト作りに生かしているので、

美味しいトマトができるそうです。

2014年4月から、3つの約束のもと

「日高村オムライス街道」プロジェクトがスタートしました。

  1. 日高村産のシュガートマトを使います
  2. できるだけ地場の野菜を使います
  3. 食べるみんなを笑顔にします

オムライス街道では、

和洋中の多彩なオムライスメニューが有り、

老若男女が楽しめるように工夫されています。

例えば、定番オムライスから

辛めのチャンジャオムライス、

オムそばなどがあります。

6店舗からスタートしたプロジェクトですが、

現在は11店舗に増えています。

カゴメ主催の日本一のオムライスを決める

「オムライススタジアム」に参加したり、

地元紙に掲載されたりしたことで、

高知県内外から多くの人が訪れるようになり、

プロジェクト開始から3年で

およそ17万食を販売するまでになったそうです。

メディアの力と地元の力で地域活性に

みごとに成功した日高村です。

地産地消にもなりますし、

観光客も呼べる素晴らしいプロジェクトですね!

私の地元も特産を活かし、

地域みんなで協力して観光客を呼びたいです!!

スポンサードリンク

トマトの特集【沸騰ワード10】

今回は2時間スペシャルでお送りします。

トマトの特集以外では、

ガイドブックに載らない沸騰島 八丈島
・話題の「天空の道」とは?
・沸騰島デビュー!岡田結実が沸騰リポーターとして島へ

グルメにとり憑かれた芸能人
・偏食芸能人シリーズ!!チーズにとり憑かれた女〜滝沢カレン編〜

美人職人
・なりたい職業ランキング急上昇美人ドローンカメラマン
・伝統を守る 京都友禅職人
・崖っぷち!七宝焼職人 第二弾!

この中から、半年後にブームになっているものはどれでしょうね!

まとめ

今回トマトのことが気になり、まとめてみました。

【沸騰ワード10】の力で、トマトが脚光を浴び、

もっとたくさんのトマトの特集があると

嬉しいです。

幻のトマトは、まだまだ有りそうですね!

私もペットボトルでミニトマトを育てる

キットを購入し、現在育てています。

みなさんも、気軽に始められる形もありますので、

トマトを自分で作ってみてはどうでしょう?

もっと美味しく感じるかもしれません。

この先のトマトの未来が楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする