東京オリンピックマスコット決定!未来ロボット型デザイナーは誰?

平昌オリンピックが閉幕して、

オリンピックロスのtomoです。

もうすぐ平昌パラリンピックだしなぁ~

なんて思っていたら、

東京オリンピックの

マスコットが決定したんですね。

たしか、小学生の投票で

決まるってことでしたよね!

いったい誰がデザインした

マスコットなんでしょう?

確認してみることにしてみましょう!

スポンサードリンク

東京五輪マスコット決定!

2020年に行われる

東京オリンピック・パラリンピックの

大会マスコットが決定しましたね。

全国の小学校28万クラスが投票して、

一番人気のマスコットが

選ばれることになっていました。

題して「全国小学生総選挙」として、

2月22日に締め切られました。

小学校28万クラス中、

20万クラスが投票した結果が

本日28日に開票され、

開票結果は、未来ロボット型

ア案が109,041票を獲得して

決定しました。

クラスごとの単位でしたが、

小学生が選んだ

初めてのケースなんだそうです。

大会エンブレムにも使われている

市松模様があしらわれていて、

一体感を感じますよね。

また、パラリンピックのキャラクターは、

日本と言えば”桜”なので、

とても良いですね。

早く名前が付くと良いのですが、

名前は今年の夏頃に決定するそうです。

名前が決定すると、

着ぐるみやグッズなども

お披露目されるそうですので、

楽しみですね!

スポンサードリンク

デザイナーは誰?簡単プロフィール

福岡県のフリーデザイナーの

谷口亮さんがデザインしました。

名前 谷口 亮(たにぐち りょう)

生誕 1974年(43歳)

出身 福岡県福岡市

最終学歴 1997年アメリカ カブリオカレッジ卒業

アメリカより帰国後の1999年から

オリジナルキャラクターの

制作を開始しています。

また、九州デザイナー学院で

非常勤講師をしています。

谷口さんはヌヌコ日和を描いていたり、

パズル雑誌に連載をしています。

ちょうど我が家に

『まちがいさがしファミリー3月号』があり、

確認してみると、

谷口さんが描いたヌヌコがありました!

わが家は子供が間違い探しが好きで、

よくやっています。

こんな身近に凄いデザイナーさんが

載っているとは!

谷口さんは、キャラクターが選ばれると

「頭の中が真っ白なんで、

何を言えばいいのか分からないんですけど

大好きな奥さんに早く知らせたいです」

とコメントしていました。

まとめ

今回東京オリンピック・パラリンピックの

公式マスコット決定のニュースが気になり、

まとめてみました。

みなさんの予想は当たりましたか?

tomoは、神社のキツネや狛犬モチーフも

日本ぽいし、小学生なら、

こちらもあるかな?とか、

予想している時間も楽しかったので、

専門家が選ぶより、

今回の選定方法が良かったと思いました。

まだ少しさきですが、

東京オリンピック・パラリンピックが

盛り上がるように、

協力していきたいと思っています。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする