茶房あらい(山梨県)のシフォンケーキやあぶり餅に手打ちうどんがおいしい!?場所はどこ?【人生の楽園】

こんにちは tomoです。

山梨県甲州市にある「茶房あらい」が

5月26日放送の【人生の楽園】で

紹介されます。

なんでも自宅の庭に手作りで

茶房を建て、

古い建具を利用した

懐かしい雰囲気の古民家風の

茶房あらい」なんだそうです。

荒井さんご夫婦が作る

シフォンケーキやあぶり餅、

手打ちうどんが評判なんですが、

いったいお店はどこにあるんでしょう?

場所やメニューなど、

気になったので調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

茶房あらいの場所

所在地 山梨県甲州市塩山西野原108

電話 0553-33-5122

営業時間 11:00~16:30

定休日 日曜・月曜・火曜日

駐車場 10台

最寄り駅はJR勝沼ぶどう郷駅。

徒歩2分ほどです。

茶房あらいの近くには、

いちご狩りやサクランボ狩りができる

農家さんがたくさんあるので、

丁度サクランボの季節なので、

良いですよね!

茶房あらいのメニュー

シフォンケーキ(季節のフルーツ添え)

あぶり餅

あんみつ

甘酒

うどん

茶房なので、もちろん

コーヒー抹茶などもあります。

また、うどんは注文を受けてから

茹でるので、少々時間がかかります。

うどんは、キーマカレーうどんなど

数種類あると思われます。

あぶり餅は京都でしか

食べられないものだと思っていたら、

山梨でも食べることができるんですね。

「甲州市の名物になると良いのになぁ」

なんて思っちゃいました。

スポンサードリンク

茶房あらい【人生の楽園】に登場

甘味とうどんの店『茶房あらい』の店主、

荒井博さん(63歳)と

妻・孝子さん(60歳)が今回の主人公です。

甲州市出身の博さんは、

高校を卒業すると地元の通信会社に就職し、

27歳の時に孝子さんと結婚し、

二人の息子に恵まれます。

博さんは京都旅行をした時に食べた

あぶり餅が忘れられず、

自分で作ってみることにしたそうです。

博さんは料理が得意で

甘いものが好きなんだそうです。

だからって、あぶり餅を

「再現してみよう」とは、

なかなか思えないですよね!

そんな博さんは、

「お客さんがゆったり寛げるような

甘味処を開きたい」

と考えるようになり、

さらにうどんも15年間学んだそうです。

そして60代になると、

自宅の庭に店を自分で建て始めたんです。

実家にあった古い建具などを利用して、

古民家風に。

そんな博さんに知り合いの大工さんや

同級生、近所の人たちなどが

協力してくれ、

1年をかけて建物が完成しました。

会社を退職した博さんは、

去年4月に15年来の夢を叶え、

茶房あらい』を開店しました。

孝子さんは、初めは

反対していたそうです。

会社勤めの人がお店をするのは

大変なイメージなので、

孝子さんが反対するのも

無理ないですよね!

次第に孝子さんも

お店を手伝うようになったとか。

こんな素敵なお店を見ていたら、

手伝いたくなりますね。

とっても良い雰囲気の建物です。

のどかな空気感が漂っていて、

癒される空間に感じます。

まとめ

今回茶房あらいが気になったので、

まとめてみました。

夢を叶えるために奮闘する博さんが

凄いと思いました。

夢って叶うものなんですね。

紅葉の季節や

夏の風が似合いそうなお店に、

是非行ってみたいと思いました。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする