ナオランジェリーは壇蜜も愛用!口コミや評判・価格は?【セブンルール】

下着ブランドNAO LINGERIE(ナオランジェリー)が

紹介されます。

なのでナオランジェリーが気になったので、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

NAO LINGERIE(ナオランジェリー)のこと

NAO LINGERIEは栗原菜緒さんが立ち上げました。

栗原菜緒さんは、デザイナーでもあります。

ここで栗原さんのプロフィールです。

 出典:https://naolingerie.com/

名前 栗原 菜緒(くりはら なお)

生年月日 1984年2月11日

血液型 B型

出身地 東京都

出身校 学習院大学法学部

下着は心の栄養。

女性の自尊心を満たし、

他者の幸せを願う社会にすることが、

ナオランジェリーの使命です。

引用元:https://ameblo.jp/eplga-nao/entry-12301988864.html

栗原さんは29歳の時にランジェリーを製造販売する

for Grace株式会社を立ち上げました。

NAO LINGERIEは自社ブランドです。

ブランドのコンセプトは、

ヨーロッパのデザイン性を活かしつつ、

日本の機能性を取り入れ、

かつ日本の文化に合うランジェリーだそうです。

女性が胸に秘める真っすぐな想いや、
誰もがもつ人を思いやる心。
その尊い心や、私たちだけがもつ”花”を守り、
美しく包むランジェリー。

栗原さんは「デザインだけでなく、

機能性も兼ね備えたランジェリーをつくろう!」

そう決めたそうです。

決心したとおりのランジェリー開発に

成功したのですね。

ナオランジェリーは

「自分や周りの人の心をどれだけ大切にできるか?」

「お客さんのことをどれだけ大切に考えられるか?」

を意識して作られています。

ナオランジェリーのランジェリーは、

内側の素材にオーガニックのコットンを使用しています。

お客様に「こちらの想いや誠実さが伝わればいいな」

と思って使用しているそうですよ。

思いやりですね。

そして、全ての工程を

国内で行っているそうなんです。

なんだか安心ですよね。

国内生産の下着ってなかなか見ないですよね。

大手メーカーのタグを見ても、

日本製の文字は見ないですね!

最高級リバーレースを贅沢に惜しみなく

大きな柄をたっぷり使っているので、

美しい出来ですね。

軽やかで女性のからだに負担をかけない、

着け心地は毎日着たい一枚にしたい。

その甲斐あって、軽くて肩が凝りません。

バストを優しく包み込むような形状で、

決して胸を潰しません。

服を着ても自然な美乳になります。

胸をすくいあげて、デコルテを丸く整えます。

軽くてゆるいのにトップ位置も上がります!

下垂が始まったバストを女性らしい

自然な丸みへと導いてくれ、

理想的なバストに仕上げます。

ワイヤーは、バストが背中に流れてしまわないように、

わざと広く取り、

サイドからアンダーの幅広の生地が

バストをやさしくしっかりと

ホールドしてくれるそうです!

ふんわりとしたデコルテの

美しいバストラインを実現しながらも

とても着心地が軽く、

そして腕を上げても体をひねっても、

決してずれることがないそうです。

不思議ですね!

ナオランジェリーの公式ページはこちらからどうぞ。

ナオランジェリーの気になる価格ですが、

ブラジャー15,600円(税抜き)~20,600円(税抜き)
タンガ  4,800円(税抜き)~5,800円(税抜き)

になります。

日本で見かけるランジェリーより高め、

ヨーロッパ製よりは安めな感じになっていますかね!?

バストは”ブラジャー次第で形が変わる”って言いますよね!

良いものをつけたいですね。

ナオランジェリーは理想を追求した、

究極形に思えます。

ナオランジェリーの続きが気になる場合は次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする