中村奨成(広陵)HR清原越え!夏の甲子園初優勝か!?

第99回全国高校野球選手権で本塁打大会新記録の

中村奨成選手(広陵)が気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

中村奨成選手のプロフィール

   出典:http://www3.nhk.or.jp/

名前 中村 奨成(なかむら しょうせい)

生年月日 1999年6月6日

出身地 広島県廿日市市

身長 182cm

体重 77㎏

選手寸評:大野翔1年から大野友星(軟式)で野球を始め、3年から捕手。

大野東中では大野シニア(軟式)に所属し捕手兼投手で3年夏の県大会8強。

高校では1年春からベンチ入りし、同夏よりレギュラー。

全国大会の経験はないが、走攻守(+肩)と3拍子揃った捕手で、

広陵高校OBで巨人の捕手・小林誠司が憧れの存在。

引用元:週間ベースボール

準決勝の第1試合、奈良の天理高校を相手に

2本のホームランを打ち、

今大会のホームラン数を6本として、

32年ぶりに大会記録を更新しました。

元プロ野球選手の清原和博(当時PL学園)さんの

持っていた記録を更新したんですね。

もうひとつ、これまで打点の大会記録は

「15」だったのですが、

天理高校戦で「17」に伸ばし、

こちらも記録を更新しました。

中村選手は、守備でも魅せてくれます!

中村選手が2塁へ送球する速度が速いですよね。

球も速いと思うのですが、投げる動作も速くないですか!?

びっくりしました!

そんな強権の中村選手は、

中学生の頃に投手の経験もあるそうですが、

「コントロールが悪くて……。

あと、僕のボールを捕れるキャッチャーがいなかったんです」

との理由で捕手をしていたそうです。

あとは、捕手としてはコントロールが

抜群によいそうです。投手とは違うんですね!

スポンサードリンク

広陵高校(広島)のこと

校名 広陵高等学校(こうりょうこうとうがっこう)

設置者 学校法人広陵学園

住所 広島県広島市安佐南区伴東三丁目14番1号

設立年月日 1896年

校訓 質実剛健

設置学科 普通科

広陵高校は男女共学の私立高校です。

硬式野球部は、旧制中学時代から

全国大会に出場しています。

日本の高校野球では全国的にも有名で、

1926年、1991年、2003年と

いずれも春の選抜大会で3回優勝しており、

春の広陵」の異名があります。

夏の選手権大会では1927年、1967年、2007年と、

40年おきに3度決勝へ進出していますが、

いずれも準優勝に終わっています。

2017年の今年は、10年ぶりに決勝進出を決めました。

決勝の対戦校は、埼玉県代表

「花咲徳栄」です。

是非夏の甲子園、初優勝を決めてもらいたいです。

また、広陵の硬式野球部からは、

多くのプロ野球選手を輩出しています。

まとめ

広陵高校の中村奨成選手が気になり、

まとめてみました。

決勝戦の試合結果もさることながら、

中村選手の個人成績も気になりますね!

甲子園大会終了後の進路も気になりますし、

今後の活躍が楽しみな選手ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする