みやじ豚を湘南で育てる宮治勇輔!オンラインで食べちゃおう!!【カンブリア宮殿】

みやじ豚をプロデュースしている宮治勇輔さんが

【カンブリア宮殿】に出演します。

なので、宮治勇輔さんがプロデュースしている

みやじ豚が気になり、調べてみました。

皆さん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

みやじ豚とは

出典:http://miyajibuta.shop-pro.jp/

その名の通り、宮治家で生産されている豚なので、

みやじ豚と名付けられました。

みやじ豚は、湘南の豊かな環境のもと、

丹精込めて育てられました。

生産から顧客の口に届けるまでを

一貫してプロデュースしています。

40年余りの養豚経験から、

おいしい豚肉をつくるには、

「血統」や「えさ」の要素に加え、

「ストレスを与えないこと」が重要だと確信し、

より良い肉質を求め、

3つの品種を掛け合わした豚(通称:三元豚)に、

通常はとうもろこしを中心に

食べて育つことが多いのですが、

みやじ豚は、穀類・いも類を特別配合したえさを

食べて育っています。

さらにストレスフリーな環境のもとで

育てることで、みやじ豚として、

甘くクリーミーでうま味に富んだ豚肉を、

自信をもってお届けしているのだそうです。

みやじ豚は、気心の知れたきょうだい豚だけを

同じ部屋に入れて育てています。

一頭一頭に愛情を注いるのだそうです。

みやじ豚は2008年農林水産大臣賞受賞を

受賞しています。

一般流通していないみやじ豚ですが、

毎月、神奈川県藤沢市で

バーベキューイベントを行っています。

雨でも全天候型ハウスの中で行われるので、

OKです。

緑あふれる農村地でみやじ豚を食しましょう!

月間出荷頭数100頭で育成されている

稀少なみやじ豚を家で食べたい方は、

オンラインショップがあります。

松坂牛より稀少だとか!

生肉の他にソーセージ、ジャーキー、生ハムなどもあります。

ソーセージは小龍包のごとく肉汁が溢れ出るとか!

一押しで食べてみたいです。

家からは遠いので、オンラインショップで注文ですね!!

スポンサードリンク

宮治勇輔さんと家族

みやじ豚は、”株式会社みやじ豚”が生産販売をしています。

       出典:http://taberutimes.com/

設立年月日 2006年9月1日

代表取締役 宮治昌義(父)

代表取締役社長 宮治勇輔(本人)

取締役 宮治大輔(弟)

オンラインショップ店長 宮治美穂(妻)

電話対応 宮治早苗(母)

所在地 神奈川県藤沢市

まさに家族経営ですね。

宮治勇輔さんは、一次産業を

かっこよくて、感動があって、稼げる、

3K産業にしたいとがんばっています!

農家の家の子供が、胸を張って

「家は農業をやっている」と答えることができ、

将来家業を継ぎたいと思える

魅力的な産業に出来たらと活動をしています。

私の住む地域では、農家の子供たちは、

農家を継がないことが多くなっています。

継いだとしても、専業ではなく兼業農家が多いですね!

宮治勇輔さんのように、

家の商品に価値を見出し、

プロデュースすることができたら、

日本の農業は明るいですね!

スポンサードリンク

宮治勇輔さん【カンブリア宮殿】に出演

先細り感の強かったニッポンの一次産業を、

感動があって稼げるものに一変させた

若き開拓者がいます。

神奈川県・藤沢市で養豚業を営む

宮治勇輔さん(39)は、慶應義塾大学卒業後、

父の家業を受け継ぎます。

当時は豚肉を市場に出荷したら終わりの

“名もなき農家”でしたが、父が作る

美味しい豚肉をブランディングしようと決意し、

「みやじ豚」をスタートさせます。

常識破りの手法で直販を実現し、

年商を7倍にまで引き上げました。

一次産業の未来を切り開く強さに迫ります。

まとめ

今回みやじ豚について、気になりまとめてみました。

子豚のかわいいこと、

愛らしい瞳を見ていると、

愛を受けて育っていることがわかりますね。

育てる段階で、”家族が一つで過ごせるように”

との配慮が素晴らしいです。

このような気配りができるからこそ、

美味しいみやじ豚が育つということですね。

これからも大事にみやじ豚を育ててください。

もっと価値が上がると期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする