美のり窯(民泊)で海の幸と陶芸体験!場所や値段は?【人生の楽園】

民泊の美のり窯が【人生の楽園】に登場します。

美のり窯では、海の幸が堪能でき、

陶芸体験ができるそうです。

そこで、美のり窯はどこにあるのか、

料金はいくらなのか?

が知りたくて、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

美のり窯のこと

出典:テレビ朝日

3年前に海の幸と陶芸を楽しむ宿として

民泊を始めたのは、

松﨑康則さん(66歳)と妻の久美さん(65歳)です。

美のり窯のある長崎県波佐見町では、

400年の歴史を誇る「波佐見焼」を

作っている焼き物の町なんです。

波佐見焼は、作業工程ごとに別々の工場が担当する

分業体制なんだそうで、

松﨑さん夫婦は、生地屋と呼ばれる、

粘土から器の形成を行うことを生業としています。

そんな松﨑さんが、自らロクロを回して

絵付けもして、陶器を手作りしたいと考え、

二人で陶芸の腕も磨いたそうです。

松﨑さんは釣りが大好きで、

手作りの器に魚を描くそうでなんです。

そんな美のり窯で、ご主人の釣った

新鮮な鯛などの魚料理と

陶芸体験が楽しめる宿になっています。

美のり窯は築100年の古民家と

樹齢150年のヤマモモの木があり、

日常とはかけ離れた癒しの空間があります。

夏はエアコンを付けなくとも

窓を開けると自然の涼しい風が心地よく入ってきます。

また、野生動物のテンが現れることもあるとか!

美のり窯の場所と料金

住所 長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷696

 0956-85-3818

休館日 不定休

料金 一泊二食 5,650円(税込) 夕食無し 4,520円(税込)

その他 和室1室 洋室1室 4名様まで宿泊可能 Wi-Fi完備

Wi-Fiがあるのは、嬉しいですね!

スポンサードリンク

美のり窯が【人生の楽園】に登場!

ご主人・松﨑康則さんは波佐見町の出身ですが、

高校卒業後、長崎市の造船所に就職します。

久美さんとの結婚を機に帰郷し、

家業を継ぐことになりましたが、

次第に「せっかく波佐見町にいるなら、

自分の器を焼きたい」という思いが芽生えました。

妻・久美さんと共に絵付けやろくろを学び、

窯を構えて、趣味で焼き物工房を始めます。

夫婦の名前から一文字ずつ取り

「美のり窯」と名づけました。

個性的な絵柄の器が評判を呼び、

徐々にご夫婦の工房が知られるようになると、

思いがけず民泊の話が舞い込みます。

「波佐見焼の良さを知ってもらう機会になれば」

と引き受けることを決め、

2014年に、陶芸体験ができる民泊を始めました。

民泊「美のり窯」で焼き物と共にもうひとつ人気なのが、

長崎の新鮮な海の幸を使った食事です。

釣りが大好きな康則さんが自ら船に乗ります。

この日は、ちょうど旬を迎えた鯛を狙いますが、

お客様の喜ぶおいしい魚は釣れたのでしょうか…?

“焼き物の町”で「自分たちの器を作りたい」と一念発起。

さらに民泊を始めたことで、

焼き物と故郷への愛着を強くしたご夫婦の、

充実した第二の人生を紹介します。

まとめ

今回美のり窯が気になりまとめてみました。

いつも思うのですが、

年齢を重ねても仲良く、

穏やかに過ごせるって素敵だな。

私もそうなれると良いけど…なれるかな?

なんて思います。

焼き物体験や美味しい魚で、

旅が楽しくなりそうな お宿ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする