Lara(12歳)がサマンサタバサとデザイナー契約で注目も 必見!母による個性を引き出す子育て術!!

インスタグラムで人気のデザイナーLara(12歳)が

サマンサタバサとデザイナー契約を締結したことを

発表しました。

なので、Laraちゃんってどんなお嬢さんなのか、

そんな彼女をどのように母親は育てたのか

気になったので調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

Laraのプロフィール

出典:https://www.instagram.com/

名前 Lara(らら)

生年月日 2005年6月18日

家族 父、母、姉(と思われます)

3歳から6年間ブリティッシュスクールに通い、

現在はフレンチスクールに在学しています。

東京にフレンチスクールは、

東京国際フランス学園だけだと思うので、

おそらくそこに在学していると思われます。

母親の仕事の関係から、

幼い頃より海外に頻繁に出かけていたそうです。

それらの成果なのか、Laraちゃんは

日本語、英語の他にフランス語が堪能で、

現在は中国語を勉強中だとか!

インスタグラムでは、Laraちゃんの

ファッションやイラスト、一緒に写る芸能人等々を

投稿してSNSで注目を集めています。

出典:https://www.instagram.com/

そして今回、サマンサタバサと

デザイナー契約を締結し、契約金が1,000万円だとか!!

まさにスーパーキッズですね。

サマンサタバサの色使いにとても合っていますし、

Laraちゃんのデザインした商品が

店頭に並ぶ日が楽しみですね。

スポンサードリンク

Laraママの子育て術

Laraちゃんの母親は、ウエディングドレスが有名な

「フォーシス アンド カンパニー」の

取締役副会長の太田真理子さんです。

太田さんは、Laraちゃんの子育てとして、

コミュニケーションツールとして

「たくさんの言語を話せたらすごくいいな」

と思っていたことと、

小学校の教育で一番大切なのは

子どもの”個性をつぶさない”ことだと思い、

周りに合わせるために「ダメ」という学校ではなく、

一人ひとりの特徴を受け入れてくれる学校に行かせようと、

インターナショナルスクールを選択したそうです。

日本の教育ってダメなのでしょうか⁉

インターナショナルスクールの良いところを吸収して、

指導要領も改定してほしいですね。

Laraママは、子どもが「何事も嫌いにならないようにすること」、

「ほかとは比べない」、

「好奇心を持って続けられるか」を考えているそうです!

「無理やりやらせても身に入っていかないと思うし、

やりたくなったら自分でやると思っています。」

「やらされている子は自分の意思では

やらなくなっちゃうし、

好きなことも嫌いになってしまうから。」

このようにおっしゃっています。

その通りなんですが、ついつい口が出てしまいます(>_<)

我慢ですね!

Laraママは、「18歳になったときに

どんな女の子になってほしいかを考えるようにしている」そうです。

自主性の強い子供だと思うので、

Laraちゃんの思う通りに見守ってきた結果が、

このような素晴らしい感性でセンスある

イラストが描けるのだと思います。

Laraちゃんのマイブック『Little Lara Land』も発売中で、

イラストや写真が満載で、

大人も子供も楽しめると思いまので、必見です!

まとめ

今回インスタグラムで人気のスーパーキッズ

Laraちゃんが気になり、まとめてみました。

スタイルも抜群ですし、才能も豊かで

そのうえ可愛いので、色々な世界で注目されそうですね。

今後のLaraちゃんの活躍を楽しみにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする