糀(こうじ)が凄い!甘酒・塩こうじが酵素パワーでうまい!どこで売ってる?通販は?【青空レストラン】

新潟県の五つ星お米マイスター・

片山喜弘さんが店主の片山商店で作られている「こうじ」が

【満点☆青空レストラン】で紹介されます。

なので、片山商店の「こうじ」の種類や値段、

どこで購入できるのか気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

糀or麹?

こうじって「糀」と「麹」、

2種類の漢字がありますよね。

違いは何だろう?と思い調べてみると、

こうじは、米・麦・大豆などの種類で

作られているんだそうです。

それらのこうじ全般を表す漢字が現在では

「麹」が使われています。

もう一つの「糀」は、

明治時代にできた国字(和製漢字)で、

糀のみを表します。

米糀は、蒸米に麹菌をつけて発酵させたものですが、

米糀を見るとふわふわしていて、

蒸米の表面を花のように覆っているので、

このようすから「糀」と名付けられたそうです。

米からできたこうじが「糀」

他の種類からできたこうじが「麹」ですね。

片山商店のこうじ

出典:片山商店Facebook

社名 株式会社片山商店

創業 明治38年(1905年)5月

所在地 新潟県新潟市江南区袋津1-4-35

定休日 日曜・祝日

営業時間 9時~19時

片山商店の糀は、

新潟県産こしひかり100%から出来ていて、

杉板造りの麹室で三日三晩かけて

丁寧に作られています。

スポンサードリンク

購入はどこで?

片山商店のショッピングサイトで糀が

お取り寄せできます。

●新潟こしひかりの生糀

●糀屋秘伝 塩糀(こうじ)

●新潟こしひかりのあまざけ

他にも味噌やお米も販売しています。

塩こうじ・生こうじを直接購入するには、

新潟県内では、片山商店以外では、

新潟伊勢丹・新潟三越・新潟の酒 朝日山・

直産とよさかんげんき村・まちの駅 亀田の郷・

サイタメ・いくとぴあ キラキラマーケット・

エムアイプラザ横越・ピカリ産直市場 お富さん

で、取り扱っています。

新潟県外では、

新宿高島屋・横浜高島屋で取り扱っているそうです。

片山商店のこうじ【青空レストラン】で紹介!

日本の食を支える…生麹特集!

新潟のこだわり蔵元が作る、魔法の調味料…麹!

奥深い麹の世界をご案内します、

様々な料理に大活躍する名人自慢の「生麹」。

酵素パワーがうまみと栄養を引き出します!

生麹を使った手作り甘酒や塩麹チキン、

そして感動の塩麹ロールキャベツが登場!

塩麹チキンのやわらかさに驚きます!!

まとめ

今回片山商店のが気になり、

まとめてみました。

こうじって一躍ブームになりましたよね。

その頃から、スーパーでは常時ある

調味料になりました。

私自身は、調味料が色々あると、

場所が必要になるし、賞味期限が心配になるし…

結局色々あっても使いこなせない人なんです…><

ですが、「」って発酵食品なので、

体に凄く良いんですよね。

家族のために、使ってみようと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする