伊藤グリル(神戸)の場所は!?姉妹店やメニュー・料金は?四代目の伊藤享治が和風総本家に出演

大正十二年創業の神戸・伊藤グリル

和風総本家に登場です!

出典:http://www.itogrill.com/

なので神戸・伊藤グリルが気になり、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

伊藤享治さんは四代目!?伊藤グリルの歴史!

大正12年(1923年) 初代オーナシェフ・伊藤 寛が創業

 出典:http://www.itogrill.com/

二代目:初代の三男・伊藤禄夫

三代目:初代の次男・伊藤 忠

炭火焼ステーキ誕生

四代目:三代目の息子・伊藤享治

享治氏は、約90年の歴史をもつ伊藤グリルが引継いできた味、とりわけ昔から変わらないと言われるビーフシチューなど、時間と手間がかかる煮物料理にこだわる。「店を継ぐ際、『歴史と洋食』で勝負することを決意しました。洋食は、洋風の日本料理です。歴史を重ね、日本人に馴染んだものでなければいけません。新基軸を打ち出すよりも、神戸で洋食を食べるなら伊藤グリルと言われるよう、もう一度原点に帰ろうと決めました」

引用:http://www.kobe-cci.or.jp

伊藤グリルの場所は?

兵庫県神戸市中央区元町通1-6-6

  • JR東海道・山陽本線元町駅 徒歩3分
  • 阪神本線元町駅 徒歩3分
  • 阪急神戸線三宮駅 徒歩10分

電話 078-331-2818

ランチ 11:30~14:00(ラストオーダー)

ディナー 17:30~20:30(ラストオーダー)

定休日 水曜日

スポンサードリンク

伊藤グリルの姉妹店って?

伊藤グリルと同じビルの1階にあります

洋食屋アシエット」が姉妹店です。

こちらのお店は、少しカジュアルなようですね。

「気取らない、ほのぼのとした家庭的な空間」

だそうで、気軽に入れそうですね。

和牛ビーフシチューは1,600円ですし、

シーンに合わせて、利用すると良いですかね!

伊藤グリルのメニュー・料金は?

ランチ

  • 和牛ロース(150グラム) 5,000円/(200グラム) 6,700円
  • 和牛フィレ(120グラム)   5,400円
  • 神戸牛ステーキ(100グラム) 4,800円/7,200円/9,600円
  • ビーフシチュー 2,800円
  • タンシチュー 3,500円
  • 神戸ビーフシチュー 3,600円
  • テールシチュー 3,600円
  • ビーフカツレツ 3,800円
  • 伊勢海老の冷製・自家製マヨネーズソース 4,600円

※ランチメニューには全て《サラダ・本日のスープ・パンorライス・珈琲or紅茶》が付いています。

デイナー

◆土曜・日曜・祝日は、コース料理のみでの営業です。

◆当分の間は、ディナータイムは完全予約制での営業になります。

当日でも予約OKだそうなので、予約をしてからお店へGOですね!

  • ステーキディナーコース
    • 本日のオードブル
    • 本日のスープ
    • メインディッシュ
      • 神戸牛ランプステーキ(150グラム) 9,500円
      • 神戸牛ランプステーキ(200グラム) 12,000円
      • 神戸牛ロースステーキ(150グラム) 13,250円
      • 神戸牛ロースステーキ(200グラム) 17,000円
      • 神戸牛ロースステーキ(250グラム) 20,750円
    • サイドサラダ
    • パン or ライス
    • 季節のデザート
    • 珈琲 or 紅茶

  • 炭火焼ステーキディナーコース
    • 本日のオードブル
    • 本日のスープ
    • メインディッシュ
      • 黒毛和牛炭火焼フィレステーキ(200グラム) 12,000円(50グラムずつ増量可能です)
    • サイドサラダ
    • パン or ライス
    • 季節のデザート
    • 珈琲 or 紅茶

  • 炭火焼グループディナーコース(グループでのご注文のお客様への特別コース)
    • 本日のオードブル
    • 本日のスープ
    • メインディッシュ
      • 黒毛和牛フィレステーキ(150グラム) 9,500円(お一人様)
    • サイドサラダ
    • パン or ライス
    • 季節のデザート
    • 珈琲 or 紅茶

    出典:http://www.itogrill.com/

  • 洋食ディナーコース
    • 本日のオードブル
    • 本日のスープ
    • メインディッシュ
      • ビーフストロガノフ 4,600円
      • タンシチュー 5,500円
      • 神戸ビーフシチュー 5,600円
      • テールシチュー 5,800円
      • ビーフカツレツ 5,800円
      • 伊勢海老冷製マヨネーズソース 6,400円(季節により入荷のない場合があります)
      • 黒毛和牛ロース(150グラム) 7,000円
      • 黒毛和牛ロース(200グラム) 8,700円
    • サイドサラダ
    • パン or ライス
    • 季節のデザート
    • 珈琲 or 紅茶

  • オードブル
    • ハムときゅうりのヴァルケット 1,000円
    • 本日のオードブル 1,200円
    • スモークサーモン 1,400円
    • エスカルゴ 1,500円
    • 生ハムサラダ 1,600円

  • スープ
    • 本日のスープ 600円
    • コンソメスープ 900円
    • オニオングラタンスープ(冬季限定) 1,200円

  • サラダ
    • ポテトサラダ 600円
    • トマトサラダ 600円
    • コンビネーションサラダ 800円

  • 洋食
    • ビーフストロガノフ 2,600円
    • タンシチュー 3,500円
    • 神戸ビーフシチュー 3,600円
    • テールシチュー 3,800円
    • ビーフカツレツ 3,800円
    • 伊勢海老冷製マヨネーズソース 4,400円(季節により入荷のない場合があります。)

  • ステーキ
    • 黒毛和牛ロース(150グラム) 5,000円
    • 黒毛和牛ロース(200グラム) 6,700円
    • 黒毛和牛フィレ(150グラム) 7,500円
    • 黒毛和牛フィレ(200グラム) 10,000円
    • 黒毛和牛フィレ(250グラム) 12,500円
    • 神戸牛ランプステーキ(150グラム) 7,500円
    • 神戸牛ランプステーキ(200グラム) 10,000円
    • 神戸牛ロースステーキ(150グラム) 11,250円
    • 神戸牛ロースステーキ(200グラム) 15,000円
    • 神戸牛ロースステーキ(250グラム) 18,750円

  • ディナーセット

上記のメインにプラス2,000円で

ディナーコースにできます。

  • 本日のオードブル/スープ/メインディッシュ/デザート/珈琲 or 紅茶

※パン・ライス/各300円

※価格は全て税抜表示です。

他にはドリンクメニューがあります!

気軽に伊藤グリルの味を楽しむのなら、

ランチですよね!

元町や南京町、旧居留地などを散策しながら、

ランチに立ち寄り、老舗洋食を堪能したいものですね!

ディナーは、お祝いごとなどの記念日に

がんばって行きたいかな!と思っています。

私には敷居が高いディナータイムでした!

そんな中、お取り寄せができるではないですか!

ビーフシチューとビーフハンバーグですが、

「一度食べてみたい」「もう一度食べたい」

「遠いしなぁ~」という方には、おすすめですね!!

スポンサードリンク

そんな伊藤グリルが和風総本家に出演!

今回は題して、

「ニッポンの老舗洋食を支える職人たち」

明治初期に伝わり、日本人の口に合うように

西洋料理と和食を融合させて、

独自の進化を続けて来た日本の洋食。

オムライスやナポリタン等…数々のメニューを

生み出してきた老舗洋食店を

影で支える職人を特集します!

オムライスの元祖といわれる

明治28年創業の銀座・煉瓦亭。

この名店で使われている「牛刀やすり」という道具、

驚きの製造方法とは?

大正12年創業の神戸・伊藤グリル

人気の「神戸牛ビーフシチュー」。

3日間かけて煮込む際に使われる寸胴は、

1枚のアルミ板を特殊な機械で湾曲させて作られていた!

オムライスが人気の老舗洋食店・明治軒(大阪)や、

チャップリンやマッカーサー、ベーブ・ルースなど

世界の偉人に愛されたホテルニューグランド(横浜)を

支える職人さんにも注目です!

ちなみにホテルニューグランドでは、

ドリアやナポリタン、プリンアラモードが

誕生しています。

伊藤グリルで使われている寸胴は、

熱伝導と保温性に優れているのでしょうね!

どんな内容になるのか、楽しみです!!

まとめ

今回伊藤グリルのことが気になり、

まとめてみました。

伊藤シェフは「洋食は、洋風の日本料理です。」

と おっしゃっていますね!

確かに日本で考案された料理の数々も、

洋食と言われています。

なんとなく、洋風なら洋食のカテゴリーな

感じですかねww

今後も長年愛されている味を

私たちに食べさせてください。

よろしくお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする