貝焼き味噌(青森)のおススメ店や通販,レシピや食べ方が気になる【ケンミンショー】

こんにちは tomoです。

2月15日放送の【秘密のケンミンショー】では、
青森県の貝焼き味噌が紹介されますね。

青森県で貝といえば、
ホタテ貝かホッキ貝ですよね。

tomoは貝が好きなので、
どっちにしてもおいしそうですよね。

今回の【秘密のケンミンショー】も楽しみです!

なので、貝焼き味噌なるものを
調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

貝焼き味噌とは

貝焼き味噌は、
かやきみそ」「かやぎみそ
と呼ばれていて、ホタテ貝を使います。

大きなホタテ貝の貝殻を鍋にみたて、
そこにだし汁・ホタテ・卵・
長ネギなどを入れて、
味噌で味付けしたものなんだそうです。

tomoが想像していた貝焼き味噌

貝殻の上に貝の実を乗せ、
味噌で味つけた物を
焼いたもの

だと想像していたので、
ちょっと違っていました。

大きなホタテ貝は、
10年以上育ったホタテなんだそうです!

青森県の陸奥湾では、
ホタテの養殖が盛んなので、
郷土料理が誕生したんですね。

きっと、tomoは見たことのない
大きさなんでしょうね!

貝焼き味噌のレシピ

材料(1人分)

ホタテの貝殻
卵 1個
長ネギ 1/5本
味噌 小さじ1
焼きぼし 2尾

<作り方>

1.貝殻に水を入れ、焼きぼしで出汁をとる。
2.味噌を入れてとく。
3.卵を溶き入れ、煮えてきたらネギを輪切りにしたものを入れる。

卵の代わりに、
ホタテやカレイなどを
入れて煮てもおいしいんです。

昔は卵は高価だったので、貝焼き味噌は、
ご褒美食だったんですよね。きっと。

歴史としては、江戸時代が
始まりだったそうですよ!

ものすごい歴史のある郷土料理なんですね。

スポンサードリンク

貝焼き味噌のおススメ店

店名 お食事処おさない
住所 青森県青森市新町1-1-17 1階
電話 017-722-6834
営業時間 7:00~21:30(休憩15:00~16:00)

店名 炭火串焼 助六 青森駅前アウガ隣店
住所 青森県青森市新町1-6-25
電話 017-776-6699
営業時間 17:00~24:00

店名 みちのく料理 西むら アスパム店
住所 青森県青森市安方1-1-40 アスパム10F
電話 017-734-5353(要予約)
営業時間 月曜~金曜 11:00~16:00・17:00~21:30
土曜 11:00~21:30
日曜祝日 11:00~20:30

店名 居酒屋 海鮮組
住所 青森県青森市橋本1-2-15
電話 017-773-2135
営業時間 17:00~24:00

店名 津軽じょっぱり漁屋酒場 青森本町店
住所 青森県青森市本町2-5-14
電話 017-722-3443
営業時間 17:00~24:00

店名 磯じま
住所 青森県青森市本町5-5-2
電話 017-723-1892
営業時間 18:00~26:00
定休日 日曜日・祝日

店名 六兵衛
住所 青森県青森市古川1-17-2
電話 017-776-5639
営業時間 17:00~23:00
定休日 日曜日

あくまでtomo調べなので、
他にも良い店があるのに~と思っている方、
ごめんなさい。

スポンサードリンク

貝焼き味噌の通販は?

貝焼き味噌の素として、
缶詰が販売されていますね!

そして、貝殻まで販売されています!

貝殻は使い込むほどだしが出るそうなので、
何度でも使えるんですね。

ただ…缶詰と貝殻は別のお店なのが、
残念です。

福島氷麺が熱い!?冷やしラーメンは食堂いしやまが元祖!?【ケンミンショー】

まとめ

今回【秘密のケンミンショー】で
貝焼き味噌が紹介されるので、

貝好きtomoとしては、
気になったので、まとめてみました。

ホタテに味噌って、
温まって美味しいに決まってますよね!

tomoの住む地方では、アワビが採れるので、
代用にできないかな?って思ったんですが、

考えたら、アワビの殻って穴が空いてますよね…。

やはり、ホタテ貝の殻を調達したいと
ダメなようですね。

殻から出汁が出るって、知らなかったです。

まだまだ知らないことだらけなんだなぁって
思いました。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする