愛媛じゃこ天って何でできてるの?じゃこって!?食べ方は!?通販はある!?【ケンミンショー】

愛媛県で愛されている練り物「じゃこ天」が

【秘密のケンミンSHOW】で紹介されます。

なのでじゃこ天が気になったので、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

じゃこ天のこと

出典:http://www.yasuokakamaboko.com

じゃこ天は、江戸時代(1615年)に

愛媛県の宇和島で宇和島藩初代藩主の伊達秀宗が、

仙台から職人を連れてきて、

蒲鉾を作らせたのが始まりとされています。

宇和島では、魚のすり身を揚げた物を「天ぷら」と呼び、

じゃこ天のように皮や骨ごと入ったものを

「皮天ぷら」と呼んでいます。

皮天ぷらは、小魚(雑魚)で作ることから

「雑魚天(ざこてん)」と名づけられ、

それが変化して「じゃこ天

となったと言われています。

出典:http://www.rpm.or.jp

原料のハランボ(ホタルジャコ)に由来して

じゃこ天」と言われるようになったとの説もあります。

じゃこ天は宇和海でとれる小魚を骨ごと、

皮付きのまま、すり身にして

平べったい小判型に成形し、油で揚げた物です。

なので、カルシウム・DHA・EPAが豊富なんです。

ハランボ(上記画像)ってきれいな魚ですね。

そのせいか、じゃこ天は、

皮や骨が入っていても白っぽいですね!

じゃこ天の食べ方

  • 網やトースター、フライパンで軽く炙る
  • 煮物
  • フライ
  • じゃこ天の卵とじ
  • チーズを乗せ焼く
  • サラダに入れる
  • みそ汁

揚げてあるので、使い勝手が良さげですね!

スポンサードリンク

じゃこ天のお取り寄せ通販!

宇和島じゃこ天のお店は多数あるので、

ホームページを開設している店舗を掲載しておきます。(50音順)

愛媛のじゃこ天【ケンミンショー】で紹介!

ケンミン熱愛・練り物祭り!

知られざるローカル練り物を徹底調査!

みんな大好き練り物祭り!ですねww

愛媛じゃこ天&静岡の黒はんぺん&

島根の赤天が登場します!

ずっと愛されるおいしさの秘密とは?

ケンミンおすすめの食べ方は?

ケンミンおすすめの食べ方って気になりますね!

じゃこ天がどんな形で食べられるのでしょうか!?

まとめ

今回愛媛県で愛されている練り物「じゃこ天」が気になり、

まとめてみました。

じゃこ天は、仙台からのルーツがあるんですね。

ハランボが気になるので、是非食べてみたいです!

静岡の黒はんぺんの記事はこちら

島根の赤天の記事はこちらです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする