百姓屋敷じろえむで学ぶサツマイモスイーツ!紅あずま・紅はるか・安納芋【相葉マナブ】

こんにちは tomoです。

3月11日に放送された

【相葉マナブ】では、

お馴染み千葉県は南房総市で

百姓屋敷レストラン

じろえむを営む

稲葉さんにサツマイモスイーツ

学びましたね。

そこでサツマイモスイーツのレシピを

忘れないために、まとめてみました。

スポンサードリンク

百姓屋敷レストランじろえむの場所など

じろえむは、

千葉県は房総半島の南端にある、

南房総市の真ん中に位置する

旧三芳村に在ります。

所在地 千葉県南房総市山名2011

電話 0470-36-3872

営業時間 10:00~15:00

定休日 不定休

最寄りバス停 御庄(みしょう)

じろえむに行くには、

車やレンタカーが便利なんですが、

相葉マナブを観て「行ってみたい」

と思った免許を持たない皆さんも

多いと思うんですよね。

そこで、「公共の交通機関で行こう」

と思うと、

東京方面からは高速バスやJRを使って

来ることになります。

電車を使う場合には、

JR富浦駅若しくはJR館山駅で降ります。

高速バスの場合は、

富浦枇杷倶楽部バスターミナルか

JR館山駅バスターミナルで

下車してください。

tomoのおすすめは、高速バス

便利だと思います。

ず~っと座っていられて、

乗り換えも無いですからね!

JR富浦駅と富浦枇杷倶楽部BTで

下車した場合には、

南房総市のコミュニテイバス

快速バス「うらら」を利用して

御庄バス停まで行けます。

JR館山駅で下車した場合は、

日東バス御庄バス停まで行けます。

快速バス「うらら」を利用すると、

道の駅鄙の里にも下車できるので、

おすすめですよ。

何がおすすめって、

屋台「BINGO(ビンゴ)」の

巨大なハンバーガーや、

三芳のおいしい牛乳で作られた

ソフトクリームがおいしいですよ。

また、ドラマのロケ地に

なっていたりするんですよ。

最近では、『アンナチュラル』ですかね。

御庄バス停から、じろえむまでは

徒歩で2.5㎞離れているので、

歩く用の靴を履いてくださいね。

あっ!道は舗装されていますから、

安心してくださいね。

スポンサードリンク

サツマイモスイーツのレシピ


紅はるかで作る大学芋

乱切りした紅はるかを

低温の油から揚げはじめ、素揚げし、

タレに投入してからめ、

ゴマを入れると出来上がりですね。

タレは、みりん・砂糖・水・醤油で作り、

作る時の注意は、材料を入れたら、

菜箸でかき混ぜないこと。

ヘラなどで空気が入らないよう

砂糖を溶かします。

混ぜすぎると砂糖が固まるそうですよ!

紅あずまで作る芋ようかん

紅あずまは繊維が少ないので、

裏ごしして作るお菓子に

向いているんです。

蒸かした紅あずまの皮を剥き、

裏ごしします。

砂糖を入れ、水に寒天を溶かして

煮立たせます。

そこに裏ごししたさつまいもを入れ、

なめらかになったら、

バットなどに入れ、

冷蔵庫で30分ほど冷ましたら

出来上がりです。

好きな大きさに切ってくださいね。

安納芋で作る芋餡どら焼き

蒸かした安納芋をヘラでつぶし、

コクを出すために蜂蜜を入れます。

さらに塩を少しいれ、

生クリームも入れます。

風味が出て、なめらかになるので、

生クリームを入れたほうが

おいしいそうですよ。

生地は、卵に砂糖を加え混ぜ、

みりんでといた蜂蜜、重曹をいれると、

和風になります。

そこに振るいにかけた

薄力粉を入れて、

これを焼いたものが生地になります。

紅はるかで作る芋大福

紅はるかを蒸して皮を剥いて

つぶします。

そこに砂糖と塩を加えて

混ぜたら餡の出来上がりです。

白玉粉・砂糖・水を混ぜ、

蒸し器の中のガーゼの上に流し、

蒸し器でおよそ15分ほど蒸したら、

餅の出来上がりです。

餅に先ほどの餡を入れたら

出来上がりです。

スポンサードリンク

まとめ

今回サツマイモスイーツ

気になったので、まとめてみました。

料理が得意ではない、

tomoでも作れそうなので、

どら焼きに挑戦したいと思いました。

どら焼きの皮が特に好きなんですよね!

じろえむまでの

公共の交通機関を利用した

行き方はいかがでしたか?

コミュニテイバスの時刻表は、

南房総市のホームページに

掲載されています。

東京方面から、もっと安く

南房総市や館山市に出かけたい

と思っている人は、

神奈川県の久里浜港から

出港している「東京湾フェリー」が

おすすめです。

風が強いとフェリーが

出航をしなくなるのが、

困ったところなんですけれど、

乗り心地も景色も良いですし、

35分ほどの船旅なので、

快適ですよ。

是非、利用してみてください。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする