山形県の幻の里芋「甚五右ヱ門芋」芋餅・芋煮・タルトにスイーツ【青空レストラン】

室町時代から、生産者の佐藤家に伝わる

甚五右ヱ門芋

【満天☆青空レストラン】で紹介されます。

なので甚五右ヱ門芋はどんな芋なのか

通販があるのか気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

甚五右ヱ門芋のこと

室町時代から500年以上続く

佐藤家に伝わる甚五右ヱ門芋は、

孫の春樹さんで20代目になります。

甚五右ヱ門芋の種芋を冬越しする方法は、

一子相伝で門外不出だそうです。

なので、現在この方法を知っているのは、

19代目の佐藤信栄さんと

20代目の春樹さんだけということですね!

出典:http://www.morinoie.com

ご家族のみなさんが素敵な笑顔ですね。

甚五右ヱ門芋は、山形県真室川町で栽培されています。

種まき時期 5月中旬

収穫時期 10月~霜降期前

名前の由来 栽培者である、佐藤さんの先祖の名前から

出典:http://www.pref.yamagata.jp

甚五右ヱ門芋は、他の里芋よりも柔らかく

ネットリしていて、クリーミーな味わいが特徴で、

ほかに例えようのないおいしさなんだそうです。

食べたいですね。

今年は収穫が始まっているようですね。

販売は10月からのようですが、

新芋はどんな感じなんでしょうね!

ものすごく気になりますね。

甚五右ヱ門芋の利用方法

甚五右ヱ門芋は里芋ですから、

山形名物の芋煮の他に芋餅、コロッケなど

おかずとして利用されるのはもちろんのこと、

スイーツにもなっているんですよ!

里芋は低カロリーで食物繊維が豊富なんです。

その他にも消化促進、免疫力向上作用が

あるようですよ。

そんな里芋でスイーツを作るなんて、

夢のコラボですよね!

甚五右ヱ門芋の続きが気になる場合は次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする