ガーデンCafe柞の木(いすのき)の場所や卵農園の名前が気になる!長崎空港からは近い?【人生の楽園】

こんにちは tomoです。

2018年1月27日放送の【人生の楽園】に

長崎県にUターンしたご夫妻が始めた

ガーデンCafe柞の木(いすのき)が紹介されます。

そこで、ガーデンCafe柞の木の場所や、

看板メニュー

食べるミルクセーキなどに使われる

卵の農園が気になったので、調べてみました。

みなさんも一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

ガーデンCafe柞の木(いすのき)のこと

「海と山を望む見晴らしの良いカフェ」

長崎県松浦市・ガーデンCafe柞の木は

夫婦で営む山の中の小さなカフェなんです。

柞の木のそばにカフェを作ったので、

お店の名前が「柞の木」になったそうです。

柞の木って初めて聞きました。

出典:https://www.weblio.jp/

こんな木なんだそうです。

結構大きくなる木のようですね!

場所 長崎県松浦市志佐町庄野免1066

℡ 0956-37-8415

営業時間 9:00~20:00(ラストオーダー19:30)

定休日 火曜・水曜

西肥バス「庄野」バス停より徒歩8分

松浦鉄道「松浦駅」より車で5分(駐車場12台)

カフェのある長崎県松浦市は、

玄界灘に面していて、

長崎空港からは車で1時間30分・

バスで2時間30分、

博多からは車で1時間50分程度かかります。

遠方からカフェへお邪魔するときは、

平戸へ観光に行くときが良さそうですよね。

近隣のかたは、

カフェ目当てで行きたいものですね!

カフェのモーニングは名古屋流で、

佐世保市江迎町の無添加パンと

お向かいの農園の新鮮な卵を使っています。

お値段は、お好きなドリンク+100円です。

出典:http://cafe-isunoki.nagasaki.jp/

スポンサードリンク

ガーデンCafe柞の木で使われている卵のこと

モーニングでも使われている卵は、

柞の木の向いにある

守山農園(守山ファーム)

新鮮な卵を使っています。

こちらの卵は放し飼いにしている

ニワトリが産んでいるんです。

こちらでは、いちご狩りも楽しめます。

場所 長崎県松浦市志佐町庄野免1050

長崎では、ミルクセーキは飲み物ではなく、

食べるミルクセーキなので、

スイーツなんです!

ちなみに500円です。

出典:http://cafe-isunoki.nagasaki.jp/

ガーデンCafe柞の木【人生の楽園】で紹介!

出典:テレビ朝日

【青のまちの憩いカフェ】

故郷の長崎県にUターンし、

2017年4月眺めのいい丘の上で

「ガーデンCafe柞の木(いすのき)」を始めた

松永良二さん(60歳)と

妻の京子さん(59歳)が主人公です。

長崎県松浦市で生まれ育ち、

名古屋で3人の子供を育てながら

電気設備工事の仕事を続けた良二さん。

毎年家族で帰省するたび、

寂しくなっていく故郷を見て、

「みんなが集まれる場所を作って

町を元気にしたい」と考えていました。

そして60歳を前に妻とUターンし、

海を望む丘の上に

カフェをオープンしました。

同級生の甥が営む農園から

食材の卵を調達したり、

土木関係の仕事をしている同級生に

駐車場の整備を頼んだり。

故郷ならではの時間を楽しんでいます。

カフェでは、看板メニューの

食べるミルクセーキや

良二さん特製のシフォンケーキや

京子さん特製の

山芋がたっぷり入ったお好み焼きや

ナポリタンがあります。

カフェを開いたご夫婦の日常の様子と、

地元の方たちとの交流の様子を紹介します。

スポンサードリンク

まとめ

今回ガーデンCafe柞の木が気になり、

まとめてみました。

今回の主人公は

Uターンをしてきたわけですが、

今まで住んでいたところの

良いところを故郷に持って帰た形ですよね。

思い描いていてもなかなか

実行できるものではないと思うので、

松永さんや奥さんは行動力があって、

凄いな~って、思いました。

私もそうなれるように、

目標を何か一つ見つけたいと思います。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする