銚子電鉄”本銚子駅”は築94年!小学生も注目!ヒロミ24時間でリフォーム完成か!?

24時間テレビ(8/26~8/27)でタレントのヒロミさんが

千葉県の銚子市を走る、

銚子電鉄の”本銚子駅(もとちょうしえき)

駅舎をリフォームします。

なので、銚子電鉄が気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

銚子電鉄のこと

出典:https://www.facebook.com/choshidentetsu/

銚子電鉄の正式名称は、

「銚子電気鉄道株式会社」と言います。

銚子電鉄は、大正12年7月に銚子鉄道株式会社として

「銚子駅ー外川駅間」で営業が開始されました。

昭和23年には、現在の名称に社名変更しています。

平成7年9月より、「ぬれ煎餅」の製造販売を開始。

銚子電鉄の駅数は9駅

銚子駅ー外川駅間は全長6.4㎞

所要時間はおよそ20分

1日の運転本数は38本で往復19

銚子電鉄といえば、「ぬれ煎餅」が有名ですよね。

名物として、銚子電鉄の売上の

なんと4分の3を占めているそうなんです!

せんべいメインの電鉄なんですね!!

そのせんべいの売り上げが昨年は

落ち込んだそうです!

なんでも銚子駅の改装に伴い、

駅にあるコンビニエンスストアが一時閉店していたため、

お土産としてのぬれ煎餅が卸せず、

収益に影響がでたようです。

銚子電鉄では、ぬれ煎餅に新たな味

「ごまぬれ煎餅」を発売するなどして、

収益力強化をしています。

他にも、夏にはお化け屋敷電車が走っていたりします。

  出典:http://www.choshi-dentetsu.jp/

電車の中なので、逃げることもできません!

ある意味怖い…

経営努力ですね。

銚子市民の足として、がんばってください!

スポンサードリンク

本銚子駅が【24時間テレビ】でリフォーム!

 出典:http://www.choshi-dentetsu.jp/

銚子駅を出発して3駅目、およそ6分で

本銚子駅に到着します。

今回ヒロミさんがリフォームするのは、

その本銚子駅の駅舎です。

駅舎は、老朽化が激しいのですが、

銚子電鉄では経営状態が厳しいため

壊れた個所を直すことができていません!

この本銚子駅から徒歩1分のところに、

銚子市立清水小学校があり、

駅は児童の登下校に利用されているので、

「暗い」「汚い」「不便」の声を一掃するべく、

ヒロミさんにリフォーム依頼が舞い込みました。

清水小学校の児童は

ヒロミさんのリフォームが大好きで、

必ず素敵な駅舎にしてくれると思っています。

期待に応えて、子供たちがびっくりする

駅舎にしてください。

 清水小学校の通学区域 Google地図より

このため、現在、本銚子駅舎はシートに覆われて、

外部からは見えないようになっており、

清愛橋を含む駅周辺エリアからも

見学できないように規制されています。

なお、放送当日は駅での乗降はできるが、

作業の見学はできません。

また、駅周辺の車両通行止めも予定されています。

なので、「テレビの前でご覧いただき、

応援くださいますようよろしくお願いし申し上げます」

と銚子電鉄ではお知らせしています。

是非テレビの前で、お願いします。

ちなみに本銚子駅は、

紫陽花の駅としても知られているようで、

隣の駅である笠上黒生駅にかけて、咲くそうです。

その昔には、NHK連続テレビ小説「澪つくし」が

銚子市を舞台にしていたので、

沢口靖子さん演じるヒロインの

通学に利用した駅としても登場したそうですよ!

う~ん。懐かしいですww

大正レトロなんですかね!

まとめ

今回24時間テレビに銚子電鉄の

本銚子駅が登場します。

なので、銚子電鉄が気になり、

まとめてみました。

24時間でリフォームが完成するのか!

小学生が気に入ってくれるのか!楽しみですね。

レトロを残しつつも、明るい駅舎になると良いですね!!

完成は次のページです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする