宇都宮VS浜松VS新勢力福岡・八幡!餃子対決!!美味しいのは!?【ジョブチューン】

ご当地餃子といえば、栃木県の宇都宮餃子と

静岡県の浜松餃子が有名ですよね!

新勢力として、福岡県の八幡餃子が参戦して、

三つ巴の争いに名乗りをあげました。

なので、【ジョブチューン】で紹介される八幡餃子を始め、

ご当地餃子が気になったので、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

八幡(やはた)ぎょうざ

福岡県北九州市にある世界遺産にも

登録されている”八幡製作所”で働く労働者が、

安くてスタミナが付く食材を好んで食べたことから、

餃子が根付いたと言われています。

    出典:http://www.gururich-kitaq.com/

八幡ぎょうざの特徴

八幡ぎょうざは大きく分けて4つの特徴で分類されています。

1.鉄なべ系餃子

「熱いものを熱いうちに食べてもらう」ために、

”本店鉄なべ”が鉄板にのったまま出てきた

スパゲッティをヒントにして、

平鍋を利用して作成したのが鉄なべ餃子の誕生です。

”本店鉄なべ”が全国の鉄なべ発祥のお店だそうですよ!

2.中国本土系餃子

中国系の餃子で、皮が肉厚で中身がジューシーです。

3.ラーメン系餃子

水の変わりに、ラーメンなどの豚骨スープを使って、焼く餃子です。

4.お母さん系餃子

お母さんの愛情入りの家庭で作る餃子です。

どれも美味しそうですね!食べたくなってきました!!

八幡ぎょうざの特徴として、忘れてはいけないもの…

それは「柚子胡椒」こちらを付けて食べてくださいね。

八幡ぎょうざとして全国で知られているのは、1.鉄なべ餃子ですね。

八幡ぎょうざは、八幡ぎょうざ協議会を発足させ、

ゆるキャラも登場しています。

その名は「ヤハタン」です。早く全国区になれると良いですね。

出典:http://yahatagyouza.com/

ヤハタンは、みんのの不足しがちな鉄分補給と

スタミナアップのために八幡製鉄所の

熱い溶鉱炉から生まれタ~ンだそうです。

今ごろ気がつきました!

鉄なべで、鉄分補給が出来るということですね。

熱いだけのためでは無かったんですね!

う~ん。素晴らしい~♪

ちなみに、ヤハタンの生年月日は1901年2月5日(火)、

星座はぎょう座、血液型はG型、

好きな言葉は「鉄は熱いうちに打て!餃子は熱いうちに食え!」だそうですよ。

八幡ぎょうざ普及のために、がんばれヤハタン!応援してますよー!!

スポンサードリンク

宇都宮餃子

宇都宮餃子の特徴

「宇都宮餃子」は野菜が中心で甘味のあるのが特徴です。

にら、ねぎ、キャベツなど野菜がたっぷり入っています。

野菜中心の「宇都宮餃子」はヘルシーで

野菜の旨味と甘味が味わえて美味しいです。

餃子専門店の一つでは、

メニューは焼餃子と水餃子のみでライスもありません。

ひたすら餃子のみを食べる訳です。

これが宇都宮スタイルですね。

野菜中心で脂っこくないので胃にもたれる事もなく、

女性でも二皿、三皿平らげてしまうというわけです。

また、野菜中心なので値段も比較的安く、

1皿200円程度で食べる事ができます。

安いですね!野菜は結構高いですよ。

私のところでは、むしろ肉より野菜の方が高いです。

「宇都宮餃子」は1991年に登録商標されている

ブランド品だそうです!

ですが、「宇都宮餃子」に明確な定義があるわけでなく、

基本的には宇都宮市内で作られている餃子や

市外でも宇都宮市内の餃子店の支店などを含めて

「宇都宮餃子」と呼んでいるようです。

餃子の種類も関係なく、焼餃子、水餃子、揚餃子、

スープ餃子も宇都宮に関係していれば

「宇都宮餃子」なんだそうです。

結構定義はアバウトなんですね。

ニュースで「一世帯あたりの餃子購入額が

2010年までは15年間連続で首位」

なんてことを言っていましたね。

餃子購入額ってわかるものなんですね!

ビックリです!!

とにかく、宇都宮市民には餃子が広く定着している

ということですね。

スポンサードリンク

浜松餃子

浜松餃子の特徴

『3年以上浜松に在住して、浜松市内で製造されている事』です。

浜松で作られている事が重要なんですね。

  • キャベツ:浜松市内で、もしくは隣の愛知県で豊富に作られていた。
  • 玉ねぎ:今でも有名産地だが、当時から盛んに作られていた。
  • 豚肉:元々養豚業が盛んで、流石にその当時は値段も高かっただろうが、餃子の具にコクを出すのに使用する事が出来た。

キャベツを中心にしてあっさり味でありながら、

豚肉のコクを併せ持つ餃子。それが浜松餃子です。

そしてその味が評判を呼び、

当時から餃子店には行列が出来たそうです。

美味しくて安くて栄養豊富な料理として、

人気だったんですね。

餃子は、大きさや皮にも地域差があり、

北・東方面へ行くに従い、大きく厚くなり、

逆に西へ行くに従い、小さく薄くなる傾向が見られます。

その中間点の浜松では、

丁度その中間の大きさ・厚さが今でも多い様ですね。

餃子の大きさや厚みに地域さがあるとは思ってもいませんでした!

ということは、市販の餃子の皮って、

北海道や九州では、関東と比べると”違いがある”

ってことですかね!?興味深いですね。

出典:http://www.ishimatsu-gyoza.co.jp/

焼き餃子は屋台で売られていたのですが、

屋台で餃子を焼こうにも、

当時はフライパンしか有りませんでした。

焼き餃子は水で蒸すという行程が有るので、

鉄板では焼けないんです。

ところが、味が評判になった餃子の屋台では、

一度に多くの餃子を焼く必要が有り、

そこで考え出されたのが、円形に並べて焼くことでした。

浜松餃子の焼き方の特徴である円形焼きは、

その美味しさが全ての始まりだったということです。

そして、円形に焼いた結果、

それそのものが商品となりました。

あっさり味の浜松餃子は、いくらでも食べる事が出来たからです。

円形に焼いたが故に真ん中に出来る穴、

これが気になり、サービス心旺盛な浜松人の事、

「何かを付け合わせに」と考えた結果、

これもまた容易に手に入れる事の出来た

「もやし」に辿り着いたそうです。

このアイデアは浜松餃子にぴったりだったそうです。

あっさり味とは言うものの、

やはり脂(ラード)で焼いた ものですから、

食べている内に脂っぽくなります。

それを、もやしが綺麗にリセットしてくれたのです。

そして更に餃子が食べられた訳です。

各餃子店では、餃子に合わせた独自の

こだわりのタレを使っているのも特徴です。

各店舗がみんな違う味だなんて、

あちこちの店を食べ歩きしないといけませんね。

ますます食べてしまいますね!

浜松餃子は、浜松餃子学会があり、

こちらのゆるキャラは「ちゃお」です。

なかなかの可愛さですよね!

出典:http://hamamatsugyouza.jp/

スポンサードリンク

【ジョブチューン】で紹介!

地元の味を守るプロが激突!全国ご当地グルメ三強対決SP

栃木県・宇都宮餃子VS静岡県・浜松餃子

VS福岡県・八幡餃子!

日本一を競い合う二大ご当地餃子「宇都宮」「浜松」に新勢力が参入!

世界遺産・八幡製鉄所で知られる八幡の鉄鍋で焼く「八幡餃子」とは!?

ヤハタンちゃおも登場します!楽しみですね。

◎出演者

八幡餃子 池田年穂・池田まち子・崎山聖一(池田屋)/

畠中聡之(八幡ぎょうざ共和国)/平原 潤・佐々木佳代子(八幡ぎょうざ協議会)

宇都宮餃子 河邉圭一(宇都宮みんみん)・笠原新司(宇都宮餃子会)

浜松餃子 斉藤松子(栄福)・上島博幸(石松餃子)・藤井 剛(餃子の店かめ)

まとめ

どの餃子も美味しそうですね。

我が家も餃子が好きなので、よく家で作りますが、

具を色々変えても楽しそうですね。

宇都宮餃子や浜松餃子に比べると、

八幡餃子の知名度はまだ低いと思いますので、

メディアにたくさん出て、美味しさを

皆さんに分かってもらいましょう。

そして、全国の皆さんに八幡の地に来てもらい、

食べてもらいましょう!

私も北九州観光と餃子を食べに行きたいです。

宇都宮・浜松・八幡の皆さん、

これからも餃子を盛り上げてください。

こちらの対決もご覧下さい。

富士宮VS横手VS大分・日田の焼きそば対決!B級グルメ王者陥落か!?

中津からあげVS愛知手羽先VS今治やきとり!ご当地グルメ鶏料理対決

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする