福島氷麺が熱い!?冷やしラーメンは食堂いしやまが元祖!?【ケンミンショー】

福島ラーメンのニューウェーブ麺として、

氷麺が【秘密のケンミンSHOW】で紹介されます。

なので氷麺が気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

氷麺ってなに?

そもそも氷麺って何?

物凄くキンキンに冷えたラーメンなのか、

はたまた、ラーメンを凍らせた物なのか?

聞いたことが無いんですが…

福島県では、常識なんですよね。きっと!

どうやら、氷入り冷やし麺なんだそうです!

冷麺のような感じなのか!?と思ったら、

普通のラーメンが冷やしてある感じに、

更にスープに氷が浮かんでいる状態のようです!!

チャーシューとか、脂の具合はどうなるんでしょうかねぇ…。

   出典:http://www.kfb.co.jp

脂が固まって白く…なってないですね!

なんででしょう??

食堂いしやまについて

福島の冷やしラーメン発祥のお店

「食堂いしやま」の冷やしラーメンは、

丹念に脂やアクをとりながら、

3日かけてスープを仕込むそうです。

脂は、取り除かれていたので、

白くなっていなかったのですね。

丁寧な仕事で、とても手間暇がかかりますね。

麺も冷やし用に考えられていて、

太い麺だと固くなってしまうので、

細いちぢれ麺を使っているそうです。

味は3種類の塩と3種類の醤油を使っているそうです。

ちなみに、水と氷は磐梯山の

湧水を使っているんだとか、

ご当地のおいしい水ですね。

気になるお値段は、

税込み640円だそうです。

これだけ手をかけているラーメンなのに

640円とは、安いですよね。

嬉しいですけど!

冷やしラーメンが誕生したのは、

昭和27年の冬だそうで、

60年以上の歴史があります。

それにしても以外ですよね。

冷やしラーメンは夏に食べたいものだと

思っていたので、

誕生も夏だと考えていました。

冷やしラーメンは、現在の店主「福地隆一」さんの母が、

熱を出して食べ物が喉を通らない

学生時代の同級生のため

「ツルッと食べられるように」と考案したそうです。

旧友のためにつくった料理が、

やがて通年の看板メニューになったのです。

お母さんの友人への優しさが始まりだったのですね。

素敵な秘話です!

冷やしラーメンは人気があり、

行列ができるほどだとか!!

時間をずらして行くと良いですかね!

今では、お持ち帰り販売もしている

看板商品になっています。

通販でも販売していて、

全国どこにいても食べられますよ。

興味のある方はこちらからどうぞ。

住所 会津坂下町市中二番甲3617
TEL 0242-83-2365
営業時間 11:00~14:30・16:00~19:30
定休日 不定休

福島ラーメンの氷麺【ケンミンショー】で紹介!

潜入!最強ラーメン王国福島!喜多方だけじゃない!

伝統の白河vs個性派の会津!喜多方進化系も参戦

福島ご当地ラーメン特集!

氷麺だけではなく、

いろいろな福島県のラーメンが紹介されるようですね。

楽しみです!

まとめ

今回氷麺が気になり、まとめてみました。

氷麺は氷が入っている冷やしラーメンでしたね。

是非、福島に行ったときには食べたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする