甘春堂の茶寿器(京都)は飾って飲んで食べる!?何でできてるの?お取り寄せは?【所さんお届けモノです】

京菓子店甘春堂の茶寿器

【所さんお届けモノです!】で紹介されます。

なので茶寿器が何か気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

茶寿器(ちゃじゅのうつわ)のこと

出典:甘春堂

茶寿器は、甘春堂という和菓子屋さんが作っています。

甘春堂の歴史は古く、1865年に創業し、

現在は六代目が受け継いでいます。

二代目の徳兵衛さんが、茶寿器を考案したそうです。

特別な祝宴の時だけに作られた

門外不出とされた献上菓なんです。

それから150年以上も受け継いでいる

茶寿器って凄いですね!

本物の抹茶茶碗に見える技術が、

150年以上前からの物というのが驚きです。

和菓子職人って凄いんですね!

しかもこの茶寿器は、数度はお茶をたてて

頂くことができるんですよ!

しかも食べても美味しいって!

ビックリしすぎました!!

こんなお菓子があるんですね。

昔の人の遊び心に感心してしましました。

茶寿器はお取り寄せ通販はあるの?

甘春堂さんのホームページを覗くと…ありますね。

しかも、茶寿器の他にも

コーヒーカップや煎茶茶碗などが!

これらも食べられるそうですよ。

本当にお菓子ですか?これら…!

甘春堂さんのホームページはこちらです。

茶寿器は、左側のうちの看板娘(銘菓)からです。

ちなみに甘春堂直営店は、

本店(川端正面角)・東店(豊国神社前)・

嵯峨野店(清凉寺前)の3店舗になります。

スポンサードリンク

茶寿器【所さんお届けモノです!】で紹介!

今回のお届けモノは、

京都の絶対喜ばれるお土産BOXです。

こちらも女優・山村紅葉さんから、

”飾って、飲んで、食べて”何度でも楽しめる逸品

茶寿器」が紹介されます。

見た目は完全に焼き物で、食べられるとは思えません!

所さんもビックリですね!!

まとめ

今回茶寿器が気になり、まとめてみました。

何度も言いますが、本物にしか見えない

抹茶茶碗を作る、和菓子職人が凄いですよね。

これを目の前で食べられたら、

相当びっくりします!

是非本物が見たいものです!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする