播州織は若者移住で改革!ジーンズ・ストール・帆布・傘!【ガイアの夜明け】

兵庫県西脇市を中心とした地域で生産される

綿織物「播州織」が【ガイアの夜明け】で

紹介されます。

なので播州織のことが気になったので、

調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

播州織について

海外トップブランドの生地に採用される播州織ですが、

生産量はピーク時に比べ減少傾向にあります。

また、輸出の割合も減少しています。

播州織は、先染めによる平織りが有名で、

主にシャツ生地として生産されていました。

現在では、若者とタッグを組み、

シャツはもちろんジーンズ、作務衣、

ストール・日傘などの小物雑貨を販売するなど、

新たな試みが行われています!

出典:http://fabori.shop/

とても繊細ですてきなショールですね。

ふんわりして、手触りがよさそうです!

新作ストールは重さにこだわり、

その重さ59グラム!

丈夫さと軽さを兼ね備えています。

購入したお客様の反応は、

「軽い」

「手触りが良い」

「安い」でした。

自社ブランドなので、

価格は抑えることができたそうです。

気に入ったかたはこちらからどうぞ。

播州織は色使いが素敵ですね。

先染めなので、グラデーションもきれいですよね。

  出典:https://harimarche.com/

スポンサードリンク

播州織が【ガイアの夜明け】で紹介!

“ふるさと職人”の逆襲

日本各地に根付く“伝統の技”が活躍の場を失っている。

一方で、それらに魅せられ移住する若者達が

増えています。

兵庫県・西脇市では、その“若きヨソモノ”が

熟練の職人とタッグ。

「播州織」の名を広めるべく“織物の限界”に挑むことに。

時にぶつかりながらも力を合わせる年の差40歳、

異色チーム…「産地復活」を賭けた闘いを追う。

東京から西脇市に移住してきたデザイナー、

鬼塚創が産地で働く様子を密着します。

出典:http://www.banshuori-expo.com/

株式会社播が手掛ける、100/1ストールを

作る過程を中心に”fabori”がどのようなブランドか

知って頂ける様な内容となっています。

実際に移住をした人の話が聞けるのは、嬉しいですね。

どんな話しが聞けるのか楽しみです!

まとめ

今回播州織のことが気になり、

まとめてみました。

播州織は200年以上の歴史があるにもかかわらず、

攻めているなぁと思いました。

伝統にあぐらをかかずに、凄いと思います。

今後もどんな製品が発売されるのか、

楽しみにしたいと思います。

越前漆器の弁当箱はSNS映え間違いなし!鯖江移住若者で産地復活【ガイアの夜明け】も合わせて放送されています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする