あめの俵屋(金沢)どうなる跡継ぎ!お土産・観光の危機!?【ガイアの夜明け】

金沢の観光スポットでもある「あめの俵屋」が

【ガイアの夜明け】に登場します。

そこで俵屋が気になり、調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

あめの俵屋のこと

  出典:https://www.facebook.com

創業 天保元年(1830年)

本店住所 〒920-0844

石川県金沢市小橋町2-4

俵屋の初代店主の次右衛門が

母乳のでない母親達のために

「母乳のかわりになる栄養価の高い食品はないか」

と考えたすえに作りあげたのが、

この「じろあめ」だと伝えられています。

飴の原料は米と大麦のみで、

砂糖・添加物は一切使われていないんです。

まだ、砂糖が高価で

庶民の手には入ってこない時代に作られた、

穀物のやさしい甘味になっています。

少し前のドラマ『半沢直樹』にじろあめが登場していて、

話題になりましたね。

出典:http://www.ame-tawaraya.co.jp

最近では、小林麻耶さんのブログにも登場していたので、

知っている人も多いと思います。

また、金沢に観光に行った時に

一度は訪れたことがある人も

多いのではないでしょうか!

俵屋さんの本店店舗は、

金沢市指定保存建造物になっている、

とても素敵な建物なので、観光スポットにもなっています。

本店では、じろあめの試食ができます。

じろあめを桶から竹の箸を使ってすくい上げ、

壷の容器に入れる作業を体験できるコーナーがあるそうです。

これから金沢に観光へ行かれる人は、

俵屋に寄って、おいしいじろあめ

試食すると良いと思います。

俵屋では、じろあめのほかにも多数商品がありますし、

ホームページでは、飴を使ったレシピの紹介もあります。

スポンサードリンク

あめの俵屋【ガイアの夜明け】に登場!

どう生きる?“シングル”社会

七人に一人が“シングル”の世の中に!

「おひとり様」急増の社会は、“新たなリスク”の出現なのか。

それとも、“新たな生き方”の台頭なのか?

「ひとりであること」の背景で何が起こっているのかを描きつつ、

それが日本にもたらす“変化”について考えます。

江戸時代から約190年の歴史を紡ぐ、金沢の飴づくり企業。

「独身」の跡取り息子を支えてくれる人材を招こうと、

意外な策に打って出た…

意外な策とは、お見合いなのか!?

はたまた、企業パートナーなのか!?

どんな策が飛び出すのでしょう??気になります。

まとめ

今回あめの俵屋が気になり、まとめてみました。

跡取り問題に直面している俵屋さんです。

この伝統あるおいしい飴を絶やすことなく

繋いでほしいと思います。

結婚だけが幸せではありませんが、

息子さんに幸せが訪れますように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする