油麩やはっとって何?油麩丼のレシピやお取り寄せ通販は(登米市)【青空レストラン】

こんにちはtomoです。

3月3日放送の

【満点☆青空レストラン】は、

宮城県登米市からなんですが、

油麩はっとを紹介してくれます。

油麩って…tomoの住む地域では、

お麩と呼ばれるのは、

焼き麩のことなんです。

なので、”油麩”って何だろう?

同じく”はっと”って何だろう?

そんなわけで

調べてみることにしました。

みなさんも一緒に

確認していきましょう!

スポンサードリンク

油麩って!?

油麩は、登米市に古くから伝わる食材で、

小麦粉に含まれる

たんぱく質のグルテンを練り上げて

棒状にして植物油で

揚げて作った揚げ麩なんです。

脳の伝達物質である

グルタミン酸が

沢山含まれている栄養豊富な

食材なんです。

しかも安くておいしいので、

家庭にも嬉しい食材なんですね。

油麩丼のレシピ

油麩丼は、

「味処 もん」の女将が

30年ほど前に考案しました。

この丼によって、

油麩のイメージが変わり、

子供たちにも人気なんだそうです。

それまで油麩といえば煮物など、

どちらかといえば地味目な料理に

使われていたそうです。

油麩丼のおかげで、

若い人にも人気のメニューになりました。

油麩丼を作ってみましょう!

油麩丼のタレも販売していますが、

かつ丼のイメージなので、

甘辛タレを作るイメージですよね。

<材料 1人前>

油麩…6cm位
長ネギ…1/4本
卵…1個
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
水…100cc
ご飯…丼1杯分

※長ネギの代わりに玉ねぎでもOKです。

<作り方>

1.油麩を厚さ1cmほどの輪切りにする。

2.長ネギは斜め切りする。

3.鍋にめんつゆ、水、油麩、長ネギを入れて中火で3分ほど煮る。

4.油麩に味がしみ込んだら、溶き卵を回しいれて、鍋にふたをする。

5.卵が半熟状になったら火を止める。

6.丼にご飯を入れ、5を乗せたら出来上がり。

7.お好みで紅ショウガなどをのせる。

めんつゆを使った、

簡単レシピになっています。

スポンサードリンク

油麩のお取り寄せ

青空レストランで登場する

北上食品工業のホームページに

ネットショッピングがありました。

なので、あぶら麩と丼たれ

購入できます。

はっとって?

はっとは、小麦粉に水を加えて

耳たぶ程度のかたさになるまで、

よ~く練ったあと、

適当な時間寝かせた生地を、

指で薄くのばしながら、

醤油仕立ての汁に入れて茹でます。

これが定番のはっと汁なんです。

これが塩味だったり、

お湯で茹でて、

あずきやずんだなどに

絡めたりするはっともあります。

登米地方の郷土料理なんですね。

ちょっとすいとんに似てますね。

スポンサードリンク

油麩が【青空レストラン】で紹介

宮城県が誇る伝統食材「油麩」 が

紹介されます。

外はカリッと中はジューシーで

和洋中なんにでもあう万能食材なんです。

今回紹介されるメニューは、

  • お麩じゃが(肉なし肉じゃが)
  • 麩レンチトースト
  • 海鮮はっと
  • あぶら麩マーボー
  • 麩チャンプル

こうしてみると、

色々なジャンルのメニューですね。

さらにご飯に合う、絶品メニューとして

牛タン司の牛タン辛味

紹介されるようです。

ゲストは関西出身の

尼神インターなので、

宮城県の食材が口に合うのかも

注目ですね。

まとめ

今回油麩はっとが気になったので、

まとめてみました。

登米地方に伝わる郷土料理

だったんですね。

どちらも温かくておいしそうですね。

油麩はかつ丼の代わりになって、

しかもカロリーが半分だとか!

これは、夕飯のおかずにしたい

ですよね。

地元のスーパーにも

油麩が販売しているか、

みなさん、要チェックですね。

取り寄せもできますが、やはり、

手軽に買えるともっと良いですよね。

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

同じ宮城県登米市にありますので、
合わせてお読みください。

甘欧(アモー)は週末営業古民家カフェ!場所やアフタヌーンティー・通販は?【人生の楽園】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする